BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

借金の時効援用日記 令和2年9月10日(木)【泉南行政書士事務所】

2020/09/10
  • ロゴ
ロゴ

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所:行政書士の林でございます。

今日は追加と新規で2件ご依頼をいただきましたのでご紹介します。

 

①クレディアの時効援用のご依頼(群馬県・男性)

こちらのお客様は、7月にアコムの借金を時効援用で解決させ、8月に信用情報を開示すると、アコムの情報が消えて信用情報は完全にきれいな状態になっていることが確認済みのお客様です。

今回、クレディアから【法的手続移行のご通知】が届いたので、アコムと同様に5年以上払っていない、話もしていない、10年間裁判も起こされていないので、時効援用で借金を消してほしいというご依頼です。

クレディアという業者は信用情報機関には登録されていない業者なので信用情報に延滞の情報(俗に言うブラックリスト)が載ることはないのですが、それでも借金は払うか時効で消すか、いつかは解決をさせないといけないときが来ます。

クレディアに関しましては、昨日のブログで【速報】を出したように、兵庫県三木市で自宅まで訪問集金に来たご相談が来ているので、周辺の地域の方はお早めにご相談いただきますようにお願いいたします。

 

②引田法律事務所(日本保証代理人・武富士の借金)の時効援用のご依頼(神奈川県・男性)

こちらは10年以上前に武富士で借金をして、武富士の倒産によりこのお客様の借金を現在は日本保証という会社が引き継いでいて、引田法律事務所(弁護士)に借金の回収を委託している(おつかいの様なもの)という案件です。

5年以上払っていない、話もしていない、10年間裁判も起こされていない、住民票もきっちりと動かしておられたとのことなので、あとは時効援用をすることで借金は消滅し、今後請求されることも裁判を起こされたり給料などの差し押さえをされるリスクも無くなります。

武富士が2010年9月28日に事実上の倒産をしてもうすぐ10年になりますが、借金の時効援用の現場では、いまだに武富士の借金の相談が来ない日の方が珍しい状況が続いており、武富士の借金問題の多さ、根の深さを物語っていると感じます。

 

5年以上放置の借金には時効があります。相談は無料、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。