BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

SMBCコンシューマーファイナンスと日本保証の借金が時効消滅したことが確認できました

2020/11/12
  • ロゴ
ロゴ

SMBCコンシューマーファイナンスから時効援用で債務(借金)が消滅した通知が届いたお客様と、日本保証に時効援用をしたお客様が信用情報(JICC)を開示したところ、時効援用前には載っていた日本保証の延滞情報(いわゆるブラックリスト)が抹消されていたお客様からご報告をいただきました。

 

◎借金の時効援用日記 令和2年11月12日【泉南行政書士事務所】

 

▼SMBCコンシューマーファイナンスの時効援用(長崎県40代男性:A様)

過去の結婚の際、元妻様がご利用されていたA様名義の消費者金融等の支払いが離婚後どうなっているのか分からない、ローンの審査が通らない状況とのことでした。

そして現在は再婚し、今の家族には知られたくないとのことでした。

 

ご自身で信用情報(JICC)を開示してからご相談をいただきましたので拝見をさせていただきましたところ、SMBCコンシューマーファイナンスが12年の長期延滞(いわゆるブラックリスト)、その他は全て綺麗な情報となっておりました。

信用情報(JICC)とお客様の状況から、

①5年以上払っていない

②5年以上話をしていない

③10年以上裁判を起こされていない

この3つが揃っていると考えられたので、SMBCコンシューマーファイナンスへの時効援用書面作成のご依頼をいただきました。

 

そして本日、SMBCコンシューマーファイナンスから時効援用が成立し、借金が消滅したお知らせが届いたとのことでした。

今後、住宅ローンを組みたいとのことでしたので、来月以降にCICも取り寄せることをお薦め致しました。

以前取り寄せたJICCに14年ほど前にご利用であった昔の電話番号が載っていたので、その電話番号も載せてCICを開示するようにアドバイスいたしました。

「そんなのどこに載ってましたか?」

とのことでした。

また、CICの開示結果が届けば説明、アドバイス等をさせていただく予定です。

 

▼日本保証の時効援用(岩手県40代男性:B様)

家を買おうと思って審査をしたら「JICCに残債がある」と言われてJICCを取り寄せたところ、日本保証の延滞情報があったとのことで、こちらも時効援用のご依頼をいただきました。

 

日本保証もSMBCコンシューマーファイナンスのように時効が成立したときのお知らせをこれまでのお客様には送ってくれていたのですが、B様には時効が成立したともしなかったとも返答がなかったとのことでした。

ですので、もう一度JICCを取り寄せたところ、日本保証の情報が抹消されて綺麗な情報のみとなりましたので、次からの住宅ローン審査では信用情報が足を引っ張ることは無くなるということになります。

 

▼まとめ

借金問題は、いつかは解決をさせないといけないときが来ます。

健康診断のようなものかもしれませんが、一度くらいはご自身の信用情報を取り寄せて確認してみてはいかがでしょうか?

5年以上放置されている借金であれば今回のように時効援用で解決ができるかもしれません。

 

相談無料、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。