BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

グリーンアイランドへの時効援用のご依頼をいただきました

2021/01/13
  • ロゴ
ロゴ

本日はグリーンアイランドへの時効援用のご依頼をいただきましたので、そちらをご紹介いたします。

 

◎借金の時効援用日記 令和3年1月13日【泉南行政書士事務所】

 

本日ご依頼をいただきましたお客様は、当事務所に時効援用を依頼するのは今回が2回目となるお客様です。

 

▼前回のご依頼

ローンの審査に落ちたので信用情報(JICC・CIC)を取り寄せてみると、JICCとCICの両方から新生パーソナルローンで21年延滞中の情報(いわゆるブラックリスト)が出てきたというご相談でした。

 

裁判を起こされていない消費者金融の借金の時効期間は5年

新生パーソナルローンはノーローンというブランドで消費者金融をしている、旧社名はシンキという会社です。

新生パーソナルローンなど、消費者金融の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上債権者と話をしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった

以上の条件が揃っていれば、あとは【時効援用】をすることで借金は時効消滅します。

 

時効援用後に信用情報(JICC・CIC)を取り寄せた結果

時効援用後に信用情報を取り寄せた結果、時効援用前には載っていたJICCとCICの新生パーソナルローンの情報そのものが無くなり、綺麗な情報になっているのが確認できました。

 

▼今回のご依頼

グリーンアイランドから消費者金融のユニマットライフ借金の請求が届いたとのことでした。

こちらも新生パーソナルローンと同様に、時効の条件は揃っているとのことでした。

 

ユニマットライフ(CFJ合同会社)は2013年に信用情報機関から退会しています

CFJ合同会社が2013年に信用情報機関から退会していますので、ユニマットライフの他、アイクやディック、ユニマットレディースの信用情報はすでに消されています。

信用情報から消えて無くなっても、借金まで消えて無くなった訳ではないのでご注意ください。

 

▼まとめ

長年放置されてきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

5年以上放置された借金を、それ以上放置するのはリスクばかりです。

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、相談は無料、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。

借金の時効援用に専門特化した行政書士が、お客様一人ひとり、最後までサポートいたします。

 

▼下のボタンから関連記事もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございますので、一度ご覧になってお役立てくださいませ。