BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

アコムからアイ・アール債権回収への【債権譲渡通知書】【債権譲受通知書】が届いたご相談が続いてます

2021/02/05
  • ロゴ
ロゴ

アコムからアイ・アール債権回収へ債権譲渡された通知書(債権譲渡通知書・債権譲受通知書)が届いたご相談がたくさん来ています。

 

◎借金の時効援用日記 令和3年2月4日【泉南行政書士事務所】

 

1月20日にアコムからアイ・アール債権回収に債権譲渡(アコムからアイ・アール債権回収に借金が売られて債権者が交代した)が大量にあったようで、昨日からたくさんのお問い合わせが来ております。

 

5年以上放置されたアコムの借金は時効で解決ができる?

昨日と本日いただいたご相談の特徴は、皆様20年ぐらい滞納していた、長年連絡や請求が来ていなかったという共通点があったのですが、アコムなど消費者金融の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上債権者と話し合いをしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった(判決などが出る前はまだ間に合います)

以上の条件が揃っていれば、あとは【時効援用】をすることで借金は消滅しますので、今後請求をされることも、裁判を起こされたり給料の差し押さえなどのリスクも無くなります。

 

アイ・アール債権回収【債権譲受通知書】のチェックポイント

アイ・アール債権回収から今回届いている【債権譲受通知書】のチェックポイントをまとめてみました。

 

4.債権譲受日、債権譲渡額

○譲り受けた債権額

債権譲受通知書作成時点におけるアイ・アール債権回収の請求金額を意味します。

 

5.債権内容(最終貸付契約内容)

○最終貸付契約時における次回の返済期日

この日付が5年以上前であれば時効援用で解決できる可能性が高いので、一度お問い合わせください。

 

相談は無料、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、相談は無料、追加費用は無しの安心価格、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。

 

▼まとめ

長年放置されてきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

解決の方法は、払うのか、時効援用をするのか、自己破産など法的整理をするのか?

まずは時効援用からご検討ください。

借金の時効援用に専門特化した事務所ならではの強みがございますので、借金の時効援用のことなら借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所にお任せください。

時効援用実績2,000件を超える行政書士が、お客様一人ひとり直接対応いたしますので、お客様一人ひとりに合わせた最善の解決方法をオーダーメイドでご提案いたします。

 

▼下のボタンから関連記事もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございますので、是非一度ご覧いただきお役立てくださいませ。