BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

アコムの債権譲渡通知書がアイ・アール債権回収から届いていたお客様が、時効の援用後、請求が来なくなりました

2021/02/08
  • ロゴ
ロゴ

1~2か月前にアコムの債権譲渡通知書がアイ・アール債権回収から届いたお客様から、時効援用後は請求が来なくなったご報告をいただきました。

 

◎借金の時効援用日記 令和3年2月8日【泉南行政書士事務所】

 

アコムなど、消費者金融の借金には時効があります

債権譲渡とは?

アコムの借金を長年滞納をしていると、アイ・アール債権回収に債権譲渡されることがございます。

消費者金融などの借金をはじめとする債権は財産権の一つなので、不動産や車などのように売ってお金に換えることができます。

アコムがアイ・アール債権回収に債権を売ることを【債権譲渡】といいます。

ここでいう債権譲渡とは、アコムからアイ・アール債権回収に債権者が交代した事とご理解いただければよいと思います。

 

アコムなど、消費者金融の借金の時効期間

アコムなど、消費者金融の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上債権者と話し合いをしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった(判決などが出る前はまだ間に合います)

以上の条件が揃っていれば時効期間は満了しているので、後は【時効援用】をすることで借金は時効消滅します。

借金が時効消滅すれば、今後請求をされることも無くなり、裁判を起こされたり給料の差し押さえなどのリスクも無くなります。

 

債権譲渡は時効期間に影響はありません

債権譲渡により時効期間が延びるなど、時効期間の成立・不成立には一切影響はありません。

 

債権譲渡から5年間はブラックリスト?

時効期間には影響がないのですが、アコムからアイ・アール債権回収に債権譲渡された場合、信用情報(JICC・CIC)の延滞情報(いわゆるブラックリスト)が消える時期が債権譲渡から5年後となってしまいます。

つまり、払っても払わなくても、時効援用をしても時効援用をしなくても債権譲渡から5年間はブラックリストということになってしまいます。

 

借金問題は最終的な着地点が重要です

今日ご連絡をいただきましたのは、アコム以外にも5年以上放置している借金があるので、来月から1件ずつでも時効援用で解決をさせていきたいとのご相談でした。

せっかくアコムの借金を時効消滅させても、別件で自己破産や給料の差押えなどになってしまうと意味が無いので、お客様のご都合に合わせて1件ずつ最後まで解決をさせていこうと思います。

 

最後まで安心してご依頼ください

相談は無料

最初から最後まで相談は無料ですので、最後まで安心してご依頼いただけます。

 

追加費用無しの時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します

郵便料金を含め、実費の追加請求はございませんので、最後まで安心してお任せいただけます。

 

▼まとめ

長年放置されてきた借金問題も、いつかは解決をさせないといけないときが来ます。

解決の方法は、払うのか、時効援用をするのか、自己破産など法的整理をするのか?

まずは時効援用からご検討ください。

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、お客様一人ひとりのご都合に合わせて、借金の時効援用に専門特化した、時効援用実績2,000件を超える行政書士が直接オーダーメイドでの対応をいたします。

皆様のお問い合わせをお待ちしております。

 

▼下のボタンから関連記事もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございます。

一度ご覧いただき、お役立てくださいませ。