BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

アコムマスターカードの時効援用のご依頼をいただきました

2021/02/11
  • ロゴ
ロゴ

約2カ月前にアコムの借金の時効援用を当事務所にご依頼いただいて解決をさせたお客様から知人をご紹介いただきました。

 

◎借金の時効援用日記 令和3年2月10日【泉南行政書士事務所】

 

アコムで5年延滞をして、貸付金残高に利息や遅延損害金を加えると約2倍に膨れ上がった請求が来て時効援用で解決をさせた経験のあるA様でも、今回ご紹介いただいたB様に対するアコムの請求金額(約11年延滞、貸付金残高に利息や遅延損害金を加えると約3倍)を知って「すごい金額になってるんです」と驚いておられました。

 

アコムマスターカードの時効援用

A様、B様ともに、アコムマスターカードでの借金でした。

アコムマスターカードの場合、法律上、キャッシングとショッピングのそれぞれ別々の契約があるということになります。

ですので、キャッシングだけ時効になっているので、キャッシングは時効援用で消滅をさせて、ショッピングの方は支払って解決をされたケースなども過去にございました。

 

時効期間

アコムマスターカードのキャッシング債務、ショッピング債務の場合、

①アコムに5年以上払っていない

②アコムと5年以上話し合いをしていない

③アコムから10年以上裁判を起こされていなかった

以上の条件が揃っていれば時効期間は満了していますので、あとは【時効援用】をすることでアコムのキャッシングとショッピングの借金は時効消滅し、今後請求をされることも、裁判を起こされたり給料の差し押さえなどのリスクも無くなり、信用情報機関(JICC・CIC)に登録されているアコムの延滞情報(いわゆるブラックリスト)も時効で処理がされ、すぐに抹消されるか完了となり5年後に抹消されます。

 

時効援用とは

借金の時効については、法律上、時効期間が経過したら強制的に返済や請求が禁止されているわけではなく、当事者が時効を使って借金を時効消滅させる意思表示をすることで確定的に借金が消滅するという制度になっています。

この借金を時効を使って時効消滅させる意思表示のことを【時効援用】といいます。

 

相談は無料、追加費用無しの安心価格、時効援用書面作成業務1案件24,000円(税抜)で解決します

アコムマスターカードの借金の場合、キャッシングとショッピングの2債権があるということになりますが、時効援用通知の送達先は両債権ともに同じアコムですので、時効援用通知書面一つで2債権の時効援用をする書面を作成することができますので、追加費用は無しの安心価格、時効援用書類作成業務1案件分の24,000円(税抜)で解決いたします。

郵送料などの実費も追加請求は無し、最後まで相談は無料ですので、追加費用の心配もなく安心して最後までお付き合いいただければと考えております。

 

時効援用後のアフターフォローも充実

時効援用後のアフタフォローも充実しておりますので、アコムの借金を時効援用で解決をさせた後、住宅ローンや教育ローンを組めるようになりたい方も是非ご利用くださいませ。

 

▼まとめ

長年放置されてきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

解決の方法は、払って解決をさせるのか、時効援用をするのか、自己破産など法的整理をするのか、いずれかの方法となってまいります。

まずは時効援用からご検討ください。

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、借金の時効援用に専門特化した行政書士がお客様一人ひとりの情況に合わせて最後までサポートいたします。

アコムへの時効援用実績多数の事務所をお探しであれば、借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所にお任せください。

 

▼下のボタンから、関連情報もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございます。

一度ご覧いただきお役立てください。