BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

時効援用が成立して、借金の請求が来なくなりました

2021/04/14
  • ロゴ
  • アイ・アール債権回収(アコム) 引田法律事務所(武富士) 時効援用実例
アイ・アール債権回収(アコム) 引田法律事務所(武富士) 時効援用実例
ロゴ

本日は、当事務所で時効援用をした結果、その後は請求が来なくなったご報告をいただいたのでご紹介します。

 

※今回の事例

①アイフル、オリンポス債権回収

②アイ・アール債権回収(アコム)、引田法律事務所

 

5年以上放置された借金は【時効援用】をすることで時効消滅します。

相談は無料、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。

 

◎借金の時効援用日記 令和3年4月1日【泉南行政書士事務所】

 

①アイフル、オリンポス債権回収

裁判所から支払督促が届いたとのことでオリンポス債権回収への時効援用のご依頼をいただきました。

オリンポス債権回収以外の業者は請求をしてこないけれど、他にも昔の借金があって、そちらも時効援用で解決をさせたいとのことでしたので、信用情報(JICCとCIC)の開示をお薦めいたしました。

 

お客様ご自身で信用情報の開示をされたのですが、CICは難しくて自分では開示できなかったとのことでしたので、まずはJICCの開示結果を見てから解決の方針を決めることにいたしました。

 

JICCの開示結果は、アイフルで約18年延滞中のいわゆるブラックリストと呼ばれる情報と、現在ご利用中の楽天カードの綺麗な情報が出てきましたので、アイフルへの時効援用のご依頼もいただきました。

JICCの開示結果の中に、アイフルでお申し込みされた当時の旧免許証番号が載っていたので、4月以降に現在の免許証番号だけでなく旧免許証番号を追加してCICを開示することで時効で処理された後の信用情報が確認できますので、不備なくアイフルの事故情報(ブラックリスト)は処理をされているのか?別件はどのようになっているのか?といったところを確認するプランで進行中でした。

 

本日お客様からお話をうかがいましたところ、オリンポス債権回収の支払督促は取下げとなり、アイフルからは時効不成立等の回答は来ていないとのことでした。

そして、CICの開示を自分でするのは難しいとのことでしたので、CICの情報開示請求書面作成のご依頼をいただきました。

アイ・アール債権回収(アコム) 引田法律事務所(武富士) 時効援用実例

②アイ・アール債権回収(アコム)、引田法律事務所

引田法律事務所から武富士の件で通知書が届いているとのご相談でした。

別件でアコムとレイクがあるが、アコムからは請求が来ていて、レイクからは請求も来ないとのことでした。

 

取り急ぎ、引田法律事務所への時効援用を依頼したいとのリクエストでしたので、まずは引田法律事務所の1件のみご依頼をいただきました。

 

その後、引田法律事務所からは請求は来なくなったとのことでしたが、次はアコムの借金を時効援用したいとのことでお話をお伺いしたところ、アコムからアイ・アール債権回収に債権譲渡(借金が売買されて債権者がアコムからアイ・アール債権回収に交代していた)されていることが判明しましたので、アイ・アール債権回収への時効援用のご依頼をいただきました。

 

レイクの借金もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

アコムのケースのように債権者が交代していることも想定できますので、ご自身で信用情報を開示するので、4月に入ったら開示結果の説明やアドバイスをご希望されていましたので、本日ご連絡をさせていただきました。

 

お仕事が忙しくて信用情報の開示はできていないとのことでしたが、時効援用後、アイ・アール債権回収からは請求が来なくなったとのことでした。

また、信用情報の開示は自分でするとのことでしたので、5月以降、開示結果のフォローをご希望されました。

 

▼まとめ

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、借金の時効援用に専門特化した経験豊富な行政書士が、お客様一人ひとりの事情やリクエストに合わせて最善の解決方法をご提案いたします。

時効援用後のアフターフォローも充実していますので、是非ご利用くださいませ。

 

相談は無料、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。

 

▼下のボタンから関連記事もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございます。

一度ご覧になってお役立てくださいませ。