BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

「借金の時効について聞きたい」というご相談をいただきました

2021/04/25
  • ロゴ
ロゴ

「借金の時効について聞きたい」というご相談のお客様から、武富士の借金で引田法律事務所への時効援用のご依頼をいただきました。

 

◎借金の時効援用日記 令和3年4月13日【泉南行政書士事務所】

 

武富士の借金で引田法律事務所から【居住調査予定のお知らせ】が届いているとのことでした。

 

武富士など、消費者金融の借金の時効期間

武富士の借金など、消費者金融の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上債権者と話し合いをしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった

以上の条件が揃っていれば時効期間は満了となります。

 

【時効援用】をすることで借金は時効消滅します

時効期間が満了していても、当事者の意に反して強制的に借金が消滅しないように、法律により【時効援用】をすることで借金は時効消滅するようになっています。

 

【時効援用】とは、時効の利益を享受する意思表示のことをいいます。

少し噛み砕いた表現をすると「時効期間が過ぎているので、この借金は時効を使って法的に消してしまいます」と債権者(引田法律事務所)に通知することです。

 

つまり、

【時効期間満了】+【時効援用】=【借金が0円】

という仕組みです。

 

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、時効援用通知書面作成1案件につき24,000円(税抜)で解決します。

相談は無料、追加費用は無しの安心価格ですので、お気軽に一度お問い合わせくださいませ(北海道から沖縄まで全国対応しています)。

 

▼まとめ

長年放置されてきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

解決の方法は、払うのか、時効援用をするのか、自己破産など法的整理をするのか?

時効期間の過ぎた借金であれば、時効援用で解決をさせるのが良いと思います。

 

▼下のボタンから関連記事もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございますので、一度ご覧になってお役立てくださいませ。