BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

アコムから【ご返済のお願い】と【法的手続きの予告書】が届いたお客様から時効援用のご依頼をいただきました

2021/07/19
  • ロゴ
ロゴ

アコムから先日【ご返済のお願い】と【法的手続きの予告書】が送られてきたとのことで時効援用のご依頼をいただきました。

 

◎借金の時効援用日記 令和3年7月19日【泉南行政書士事務所】

 

アコムから2債権の請求が来ている場合でも、1つの時効援用書面で両方の債権を時効援用できます

アコムからハガキや封書で【ご返済のお願い】や【法的手続きの予告書】が送られてきているとのことでした。

【ご返済のお願い】がアコムの借金(消費者金融の借金)で、【法的手続きの予告書】で来ているのが銀行のローンの求償債権でした。

 

アコムの借金(消費者金融の借金)の時効期間

アコムの借金(消費者金融の借金)であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上アコムと話し合いをしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった

以上の条件が揃っていれば時効期間は満了していますので、後はアコムに対して【時効援用】をすることでアコムで作った借金は時効消滅します。

 

銀行のローンの求償債権の時効期間

銀行のローンの求償債権とは、銀行でローン契約を結んだときに保証会社を付けて契約することが一般的なのですが、その保証会社がアコムの場合、銀行のローンの支払が滞ると銀行は保証会社のアコムにローンの残債を全額弁済させます(これを代位弁済といいます)。

代位弁済により銀行の借金は消滅するのですが、アコムは代位弁済にかかった代価を請求することができます(これを求償債権といいます)。

つまり、求償債権とは銀行の借金そのものではないということです。

銀行のローンの求償債権の場合は、先述の①②③に加え、

④代位弁済から5年以上経過していること

が必要となります。

 

追加費用は無しの安心価格、時効援用書面作成業務1案件分の26,400円(税込)で解決します

今回のケースでは、アコムの借金も銀行のローンの求償金の時効援用通知書の送達先が同じアコムですので、1つの時効援用書面で両方とも時効援用をする書面を作成して解決をさせることができますので、時効援用書面作成業務1案件分の26,400円(税込)で解決できます。

 

時効援用後のアフターフォローも充実しています

アコム以外にも借金があり、10年以上放置されているとのことでした。

借金問題は最終的な着地点が重要です。

アコムの2債権を時効援用で解決をしても、別件の借金でいつまでもブラックリストに載りっぱなしになったり自己破産をしてしまっては、アコムの2債権を時効援用で解決をさせた意味があまりなくなってしまいます。

 

アコムの2債権を時効援用で解決させた後、信用情報の開示のアドバイスやサポート、開示結果の解説、最善の解決方法のご提案などもさせていただいておりますので、ご希望の方はご遠慮なくお申し付けくださいませ。

 

▼まとめ

長年放置されてきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

解決の方法は、払うのか、時効援用をするのか、自己破産など法的整理をするのか?

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、相談無料、追加費用は無しの安心価格、時効援用1案件26,400円(税込)で解決いたします。

 

▼下のボタンから関連記事もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございます。

一度ご覧になってお役立てくださいませ。