BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

引田法律事務所から「受任通知書」が届いたお客様から時効援用のご依頼をいただきました

2022/02/11
  • ロゴ
ロゴ

日本保証代理人引田法律事務所から、昔の武富士の借金で「受任通知書」が送られてきたとのことで時効援用のご依頼をいただきました。

 

◎借金の時効援用日記 令和3年12月8日【泉南行政書士事務所】

 

5年以上放置されている武富士の借金は時効で消すことができます

武富士など、消費者金融の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上債権者と話し合いをしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった

以上の条件が揃っていれば消費者金融の借金の時効期間は満了していますので、後は現在の債権者である日本保証の代理人の引田法律事務所に対して「消滅時効の援用」をすることで借金は消滅しますので、今後請求をされることも、裁判を起こされたり給料の差し押さえなどのリスクも無くなります。

あと、信用情報機関(JICC)に登録されている日本保証で延滞中の情報(いわゆるブラックリスト)も時効で処理され、削除されます。

 

長年放置されてきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます

請求が来なくなったけれど、アイフル等で5年以上放置されている借金があるとのことでした。

借金問題の解決方法は、払うのか、時効援用をするのか、自己破産など法的整理をするのか?となってまいります。

 

自営業(会社代表)を始めたとのことでしたので、自己破産をしてしまうと今の仕事が続けられなくなるリスクがありますので、別件も時効で解決をさせることをお薦めいたしました。

その手順といたしまして、引田法律事務所(日本保証)への時効援用後に信用情報(JICCとCIC)を開示します。

すると、日本保証の延滞情報が消えて無くなっていることと、別件でまだ延滞中の情報(いわゆるブラックリスト)が載っているのか、載っていないのかが確認できます。

もし、延滞中の情報が出てきた場合はそちらも時効援用で解決をさせるのが良いと思います。

 

北海道から沖縄まで全国対応の事務所です

愛媛県から電話をしているとのことで、遠方からでも依頼ができるのか?とのことを気にされていました。

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、これまで北海道から沖縄まで全国対応で、3,000件以上の時効援用実績がある行政書士がお客様一人ひとり直接対応いたします。

 

相談は無料、追加費用は無しの安心価格、時効援用1案件26,400円(税込)で解決します。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

▼下のボタンから関連記事もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございます。

一度ご覧になってお役立てくださいませ。