BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

オリンポス債権回収からディックの請求が来たとのことで時効援用のご依頼をいただきました

2022/11/13
  • ロゴ
ロゴ

オリンポス債権回収からディックファイナンスの借金で、封書で「債権譲渡及び債権譲受通知」、ハガキで「ご通知」が届いているとのことで時効援用のご依頼いただきました。

 

◎借金の時効援用日記 令和4年3月16日【泉南行政書士事務所】

 

5年以上放置された借金は「時効援用」をすることで時効消滅します

このお客様は、昨年アイ・アール債権回収からアコムの借金で「訴訟等申立予告通知」が届き、そちらの件は当事務所に時効援用のご依頼をいただいて時効消滅をさせており、今回で2件目のご依頼となります。

 

アコムの件と同様に、ディックファイナンスなど消費者金融の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上債権者と話し合いをしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった(判決の出る前であれば間に合います)

以上の条件がそろっていれば、あとは現在の債権者(ラックスキャピタル)から債権回収業務の委託を受けたオリンポス債権回収に対して「時効援用」をすることにより消費者金融で作った借金は消滅しますので、今後請求をされることも、裁判を起こされたり給料の差し押さえのリスクもなくなります。

 

北海道から沖縄まで全国対応の事務所です

今回のお客様は兵庫県にお住いのお客様でしたが、借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、北海道から沖縄まで実績多数、離島のお客様にも対応しております。

 

北海道から沖縄まで日本全国、どこからでも相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

時効援用のご依頼をいただく場合も、北海道から沖縄まで追加費用無しの安心価格、時効援用1案件26,400円(税込)で解決します。

 

▼まとめ

長年放置されてきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

解決の方法は、払うのか、時効援用をするのか、自己破産など法的整理をするのか?

まずは時効援用を検討して、時効援用ができない場合は払って解決をさせる、時効援用も払うこともできない場合は自己破産などを検討する。この順番で検討していくのが大きな失敗をしない借金問題解決のセオリーです。

借金の時効援用のことなら、借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所にお任せください。

 

▼下のボタンから関連記事もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございます。

一度ご覧になってお役立てくださいませ。