BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

時効援用は行政書士に依頼できる?行政書士が時効援用の依頼で行う事

2020/10/05

時効援用の手続きを個人でやるのは心細いですよね。

時効援用の手続きに慣れている専門家に手伝ってもらいたいと考える方もいらっしゃるはずです。

今回は、時効援用は行政書士に依頼できるかについてお伝えします。

時効援用を行政書士に依頼した場合、どこまでどのような事をしてくれるのかについてお伝えしますので、是非最後までご覧下さい。

▼時効援用は行政書士に依頼できる?

時効援用は行政書士に依頼出来ます。ただし、注意点があるので後述します。

▼時効援用を行政書士に依頼した際の業務内容

時効援用を行政書士に依頼した場合、どのような事をしてくれるのでしょうか。その業務内容を下記にまとめました。

■文書の代書

行政書士は、債務者に代わって文書を代書出来ます。必要事項の記入漏れと、トラブルのもとになる不必要事項の記載を防げるでしょう。


▼まとめ

今回は、時効援用は行政書士に依頼できるかについてお伝えしました。行政書士は、文書の代書が行えます。

時効援用通知書は、自分にとっても相手にとっても証拠となるもので、後から書き直しなどはできません。ですので時効援用通知書の作成に専門特化している行政書士に任せると良いでしょう。

泉南行政書士事務所では、行政書士の中でも特に時効援用に関する知識が豊富な行政書士が対応いたします。

まずはお気軽に、時効援用についてご相談下さい。

相談は無料、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。