Q&Aよくある質問

時効援用とは

Q&Aよくある質問

時効援用で気になる点がある方は泉南行政書士事務所へ

よくある質問

泉南行政書士事務所は時効援用で多くの実績があり、北海道から沖縄まで日本全国の多くのお客様のお悩みに対応してまいりました。ホームページではお客様から寄せられることが多い質問への回答を掲載しておりますので、ご利用を検討される際にはご参照ください。

泉南行政書士事務所では時効援用に関する疑問をはじめ、お客様から寄せられることが多い質問について回答し、ホームページ上で掲載しております。4,000件以上の時効援用に向き合ってきた実績があり、これらの経験に基づいてお客様一人ひとりのお悩みに適切な対応をいたします。相談は無料で行っていますので、ホームページをご覧になっても疑問が晴れない場合は直接ご連絡いただき、時効援用に関して気になっている点等をお伝えください。

時効援用のメリットはどんなことがありますか?

時効援用のメリットは具体的に以下のようなことがあります。
借金を完済したことになる
信用情報機関から事故情報が消えることがある
自己破産と比べるとあまり手間がかからない

債務の承認とはなんですか?

債務の承認とは「借金の存在を認める行為」のことで、主に次の2つの行為が挙げられます。
分割や支払いの話合いをする
借金の一部を返済する
ただ、債務の承認は具体的に条文に限定されているものではなく、他の行為でも債務の承認とみなされることがあります。

時効が中断・リセットされるのはどんな時ですか?

時効期限がリセットされる場合は、次の3つが考えられます。
裁判上の請求(債権者に委ねられる)支払い督促の場合リセットされない場合もあるのでご相談ください
差押え、仮差押え、仮処分(債権者に委ねられる)
債務の承認(避けられる可能性あり)

借金の時効期間を知りたいのですが?

借金の時効期間は以下のようになっています。
5年:消費者金融、信用販売、サラ金(サラリーマン金融)、銀行等の金融機関
10年:労働金庫、信用金庫、信用組合、農協からの借金。裁判上の手続きで確定したものなど。
労働金庫や信用金庫などは営利目的の団体ではないので、これらの債務は10年で時効になります。ただし、貸主や借主が会社の場合は5年になります。また、時効期間経過後に支払い督促が確定しても、時効期間の更新や中断はありません。詳しくは無料相談にてご相談ください。

時効の援用とはなんですか?

債権者に時効による利益(借金が時効により返済義務が消滅する)を受け取る意思表示をすることです。

消滅時効とはどうことでしょうか?

消費者金融やクレジットカード会社、銀行などからの借金に時効が成立して、返済義務がなくなることです。時効が適用されるには条件がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

相談は無料でしょうか?

はい、まずは無料相談にて借金が0円になるか診断しますので、お気軽にご相談ください。

以前消費者金融から裁判を起こされました。その時は分割払いでの合意が成立して当初は合意の内容通りに支払っていたのですが、しばらくして滞納してしまい5年以上払っていません。この場合時効の援用はできますか?

裁判で決着をつけた場合(判決・和解・特定調停等)今後は10年経過しないと時効は成立しません。

裁判所から訴状が届きましたが、5年以上返済していないので無視しても大丈夫ですか?

無視してはいけません。
欠席すると判決を取られてしまい、支払い義務が生じます。
原告に対して時効の主張をしなければなりません。

5年以上返済していませんが、借金は時効で自動的に消えますでしょうか?

自動的に成立するのではなく、
消滅時効を援用しなければなりません。
つまり、借主に法的に消滅時効が成立したと主張することです。

泉南行政書士事務所は最初の相談から援用可能かの診断までを無料で行っており、負担を気にせず時効援用の相談ができる事務所としてご好評いただいております。悩みを話していただき、ご依頼いただいた際には必要な手続きや成立後のアフターフォローまで、専門家の立場から丁寧にお客様をサポートいたします。

豊富な経験と雰囲気の良さに魅力を感じてくださるお客様が多く、信頼できる事務所として多数のご相談をいただいております。ホームページでは多くのお客様から寄せられた質問の回答を掲載していますので、ご参照いただいた上で利用をご検討ください。
ACCESSアクセス

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
アクセス
事務所名 泉南行政書士事務所
住所

大阪府泉南郡田尻町吉見1012−159

電話番号 072-424-3040

072-424-3040

営業時間 7/22(月)早朝4:30~22:30
7/23(火)早朝4:30~22:30
7/24(水)早朝4:30~22:30
7/25(木)早朝4:30~22:30
7/26(金)早朝4:30~22:30
7/27(土)早朝4:30~22:30
7/28(日)早朝4:30~22:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分
アクセス

借金の時効援用に関する疑問は泉南行政書士事務所にご相談ください

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄まで依頼実績のある全国対応の事務所です。無料でご相談をお受けしていますので、まずは気兼ねなく借金のお悩みをお話しいただけましたら、こちらから時効援用の可否、更に今後の手続きにかかる費用や期間といった説明をいたします。
今まで4,000件以上の援用実績があり、豊富な経験により培った方法で適切な対応をしますので、お任せいただければ心理的な負担を大幅に軽減することができます。ご相談は無料ですので、お電話かメールまたはホームページのフォームからお気軽にお問い合わせください。時効援用は借金を放棄するための大切な手続きですので、的確に時効援用を進めたいとお考えでしたら泉南行政書士事務所への相談をご検討ください。
MENU

メニュー