どうにかしたい昔の借金
借金の消滅時効援用に関する情報の豊富な泉南行政書士事務所のサイトへようこそ
相談無料
時効援用書類作成業務1案件24,000円

借金の時効援用に関する情報の豊富なサイトです。

昔いろいろあって作った借金、いろいろあって返せなくなった借金。

そんな5年以上払っていない借金は時効で解決できるかもしれません。

 

どうせ払えない、取られるものもない、でも、頭の隅っこの方で気になる借金の問題。

利息がとんどん膨らんでいく、いつかは解決させないといけないことも分かってはいるけれど放置状態の借金問題。

いつまでもそんな状態では気持ちが悪いですよね。

スッキリときれいにしたいのであれば、消滅時効の援用で解決することを検討してみてはいかがでしょうか?

 

借金の消滅時効援用専門の泉南行政書士事務所のサイトでは、様々な借金問題を時効で解決してきた豊富な実務経験を基にした時効援用専門事務所ならではの貴重な情報をたくさん載せていますので、是非一度ご覧いただき参考にしてください。

 

また、無料相談ではお客様一人ひとりに合わせた最善の解決方法を提案いたしますので、お気軽に電話、またはメールでお問い合わせください。

お客様一人ひとりを大切に考えています。

サンプル

新着情報や関連記事も是非ご覧ください。

借金の消滅時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、最新情報や関連情報をどんどん配信しております。

 

借金問題、時効援用と一言で申しましても、実際には裁判所から通知が届いて今すぐに解決をしないといけない方から、請求も来ないがブラックリストに載りっぱなしの方まで、一人ひとり異なる問題やリクエストがございます。

初回の相談から書類作成、そして時効成立後のアドバイスやアフターフォローまで、お客様一人ひとりに合わせたオーダーメイドの業務を行っている泉南行政書士事務所では、なるべくお客様一人ひとりのケースに合わせたランディングページの作成に取り組んでおりますので、そちらも是非ご覧くださいませ。

サンプル

安心価格の1案件24,000円(税抜)で解決します。

泉南行政書士事務所では、電話やメールでのご相談を無料でさせていただいております。

まずは時効援用ができるのか正確な知識と豊富な経験で判断し、お客様一人ひとりに合わせた最善の解決方法を提案致します。

 

時効援用書類の作成依頼も、追加費用無しの1案件24,000円(税抜)でさせていただき、実際にご依頼をいただいたお客様からも「安い」とご好評いただいている安心価格でございます。

 

時効援用業務の準備を万全に備える一方、安心価格実現のために時効援用関連業務以外の業務は一切しないことでコストを減らし、無料相談だけを希望されるお客様の電話代を依頼したお客様に負担させることの無い様にフリーダイヤルも無しにしました。

事務所も都会の一等地のテナントを避けました。

こちらのサイトはグーグルの広告単価の比較的安い時間帯と地域に限定してますので、リスティング広告枠に載っていないときやGPS位置情報によっては載っていない場所がございます。

いざという時のために、ブックマーク(お気に入り)登録やホーム画面に追加をしておいていただくことをお薦めしております。

お気軽にお電話ください
072-424-3040 072-424-3040
10/20(日)早朝4:30~22:30
10/21(月)早朝4:30~18:15
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159

10月配信 新着記事のご案内

連帯保証人の時効援用をテーマにしました。

連帯保証人の時効援用は、多数当事者案件と呼ばれる債権債務関係が複雑なケースもございますので、やはり信頼のおける専門家に一度はご相談、確認をされるのが良いと思います。

 

今回は裁判事例を基にページを作成致しました。

というのも、この連帯保証人の時効援用に関して、ネット上でどこから出てきたのかよくわからない曖昧な情報が出回っているようで、困惑されている方や危うく不利益を被りそうであったお客様の相談が時々あるので、情報の出所が明確な裁判所の事例を基にいたしました。

 

7月に配信した時効援用後の信用情報(俗にいうブラックリスト)に関して争われた裁判事例の記事の反響の中には、「ネット上では都市伝説が多すぎる」「受任者が相手に説明を聞いて、相手の言いなりになってしまっている、知識不足が原因だ」などといった声がありました。

※詳しくはこのまま下に読み進んで『7月配信 人気記事の紹介』をご覧ください。

 

時効援用はご自身でもできるものではございます。

それをお金を払ってお客様は依頼をする訳ですから、受任者に正確な知識がないのであれば、高いも安いもありません。自分でやっても同じです。

 

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、借金の時効援用以外の業務には手を広げず、借金の時効援用とそれを取り巻く様々な問題解決に向けて深く掘り進める方針で業務を進めております。

借金の時効援用だけでも大変なので、借金の時効援用だけを一生懸命やっています。

9月配信 人気記事のご紹介

旧武富士の案件をテーマにしました

大量の不良債権を抱えて倒産をした武富士ですが、時効援用実務の現場では、まだまだ未解決の案件がたくさんあり、そのほとんどのものが時効で解決できるにも関わらず放置されているのが現状となっております。

 

将来的には全件解決して無くなるはずのものではございますが、「10年以上何もなかったのに請求が来た」という相談がいまだに続いている状態です。

 

借金問題はいつか解決をさせないといけないときが来ます。

解決方法は、全額払うか、消滅時効を援用するか、自己破産など法的整理をするかのいずれかになります。

5年以上払っていない借金であればまずは時効援用を検討してください。

 

旧武富士案件の代表例といたしまして日本保証代理人引田法律事務所の時効援用について詳細を記事にいたしました。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

8月配信 人気記事のご紹介

借金の時効援用に専門特化した行政書士が直接、お客様一人ひとりに合わせた最善の解決方法をご提案いたします。

泉南行政書士事務所は、借金の時効援用に完全に専門特化した事務所です。

 

行政書士の資格があれば、多種多様な業務をすることができるのですが、何事においても、何か1つの事を極めるというのは大変な事だと思います。

1つの事だけでも大変なので、借金の時効援用業務1つを一生懸命やってます。

 

お客様一人ひとり、事情やリクエストが異なりますので、借金の時効援用に専門特化した行政書士が直接お客様のお話を伺い、まずは一人ひとりのケースに合わせた最善の解決案をその場でご提案いたします。

 

ですので、時効援用通知書も1件1件オーダーメイドで作成ができ、借金消滅後の的確なアドバイスも可能となります。

 

借金の時効援用に専門特化した事務所ならではの強みがございます。

是非、ご検討くださいませ。

7月配信 人気記事のご紹介

時効援用をした後の信用情報(ブラックリスト)に関する東京地方裁判所の判例をテーマにしました。

今回の新着情報のテーマを選んだ理由ですが、時効の援用はお客様ご自身でもできるものです。

それをお金を払って依頼するわけですから、受任者に正しい知識が無いことには高いも安いもありません。自分でやっても結局同じでは、それこそ無意味です。

正しい知識が無ければ、何が正しくて何が間違っているのかわからないので、一般の方が不利益に間違えられて損をしていても自分で気付くはずはありません。まさに相手の言いなりです。

 

時効の援用もそうですが、信用情報も法律に定めの有る公の制度です。

 

貸金業法 第1条(目的)後段

指定信用情報機関の制度を設けることにより、貸金業を営む者の業務の適正な運営の確保及び資金需要者等の利益を図るとともに、国民経済の適切な運営に資することを目的とする。

 

 

このことが理解されていないのか、現在ネット上では法的な根拠のない、どこから出てきたのかよくわからない曖昧な情報にあふれています。

もし、皆様が不適法な取り扱いによって被害にあわれても、ネット上の都市伝説など何の役にも立ちません。

信用情報機関に問い合わせても、正当化されてしまうとそれで終わりと考えておいた方が良いと思います。

 

これまで泉南行政書士事務所にご依頼いただいたお客様には時効援用後のアフターケアの一環として、時効援用をした後の信用情報(ブラックリスト)を一人ひとりのケースに合わせて詳しくご説明させていただいておりますのでご安心してご依頼くださいませ。

正しい知識がお客様を最善の解決まで導きます。

 

裁判所が信用情報に延滞などの事故情報を登録することは人格権の侵害である(被害を受けている)ことを認めたうえで、時効援用の後、信用情報機関に延滞情報を5年残しても違法性が無いケースと延滞情報を5年残すことに違法性が生じる余地のあるケースに一線を引いた判決について記事にいたしました。

なぜ公の制度なのに2通りの処理が生じるのか?

ご興味のある方は下のボタンをクリックしてご覧ください。

 

今回の新着情報の内容は、今ある他のサイトの情報と内容が大きく異なるものになりますが、実際に借金の時効援用後の信用情報について裁判で争われたという事実とその判決という出所の明らかな情報と、法学者の意見や私の実務家としての統計や経験等を皆様のお役に立てればと思って載せるものでございます。

 

このサイトが皆様のお役に立てればと思います。

 

よろしくお願いいたします。

借金の時効援用の百科事典の様なサイトを目指してます。

若い頃に自力で返済できない借金をしてしまって後悔をしている人はたくさんいます。

裁判でも何でもしろ、どうせ取られるものなどないのだから」と思っていても、裁判をされたい訳ではありません。

自分の借金はこの後どうなるのか、実は頭の隅で、心の隅で気になるものです。

実際に時効援用の成立後、「もう延滞はしないでくださいね」とお伝えすると、皆さま「ありがとうございます、せっかくきれいになったのだから、もう二度と延滞はしたくありません」とおっしゃられます。

好き好んで借金を延滞する人はいませんし、皆さま頭の隅で、心の隅で実は苦悩の毎日を過ごされていたことがよく分かります。

借金問題を時効できれいにしたい、長年の悩みをスッキリさせたいのであれば、是非、泉南行政書士事務所をお選びください。

相談や書類作成、そして借金の時効消滅を確実に進めることははもちろん、事後のトラブルや不利益が無い様に借金問題の完全解決を念頭に、実際にはケースバイケースではございますが、その中でも最善の解決地点までご案内する理念と実績がございます。

 

皆様の借金問題の解決につながるよう、時効援用の百科事典の様なサイトにしたいと思っております。

困ったときはいつでも調べれるようにブックマーク登録やホーム画面に追加はして頂けましたでしょうか?

皆様にとって頼れる専門家である為に、安心価格を守り続けたいと思いますので、このサイトはグーグルの有料広告枠に載っていないことがあります。

広告費に関してはケチですが、借金問題解決の経験と実績は豊富ですので、しつこいようですが、ブックマークかホーム画面に追加をお願いします。

ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 10/20(日)早朝4:30~22:30
10/21(月)早朝4:30~18:15
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。