アイフルの特徴 時効の援用専門 泉南行政書士事務所
アイフルは、時効の援用ができない場合でも分割和解や減額和解によく応じてくれる業者です。
アイフルへの時効の援用実績多数
相談無料
時効援用1案件24,000円で解決します

アイフルは、借金問題の解決をしやすい業者です。

アイフルの特筆すべき特徴は、他社に比べると分割や減額の和解にとても積極的なので、借金問題の解決をしやすい相手であるところかと思います。

 

ですので、まずは時効の援用を検討し、時効の援用ができないのであればアイフルと和解をして払って解決させるのが一番大きな失敗もなく、多くのお客様がその方法をとられてます。

また、アイフルの方から和解提案をしてくるのも特徴の一つで、その内容も、アイフル以外の業者ではなかなか無い好条件であったりします。

まずは時効の援用をご検討ください。24,000円(税抜)で解決します。

消滅時効の援用とは?

消滅時効の援用とは

アイフルの借入であれば、

①アイフルに5年以上払っていない

②アイフルと5年以上話をしていない

③アイフルから10年以上裁判を起こされていない

以上の3つが時効の条件となり、後はアイフルに時効の援用をすることで借金は消滅します。

 

ポイントは、何十年放置しても借金は自動的に消滅しないところです。

債務者(借りている人)が、アイフルに対して時効で借金を消滅させる自らの権利を行使することでアイフルの借金は消滅します。

この意思表示を、消滅時効の援用と言います。

 

時効の援用でアイフルの借金が消滅すれば、返済が無くなる(ゼロになる)のはもちろんのこと、今後請求されることも、裁判を起こされたり給料の差押えなどの法的手続をされるリスクも無くなり、信用情報に載っているいわゆるブラックリストも抹消されるか延滞はしたけれども完了したグレーな情報となり、5年後に消えます。

追加費用は無しの安心価格、時効援用1案件26,400円(税込)で解決します

旧ライフ債権の時効援用

旧ライフの借金もアイフルに時効援用すれば解決できます。

旧株式会社ライフの事業の一部はアイフルに吸収合併されました。

 

ですので、信用情報(jicc・cic)を開示すると、アイフルの情報が2つ出てくる方もおられます。

旧ライフの借金もアイフルに時効援用すれば解決できますので、アイフルの情報が信用情報から2つ出てきた方でも、一つの時効援用書類で両方の時効援用をすれば済む話ですので、ご依頼いただく費用も追加費用は無しの安心価格、1件分の26,400円(税込)でさせていただいております。

是非ご利用くださいませ。

アイフルの時効のことならお任せください
072-424-3040 072-424-3040
9/27(月)早朝4:30~22:30
9/28(火)早朝4:30~22:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 9/27(月)早朝4:30~22:30
9/28(火)早朝4:30~22:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

泉南行政書士事務所で時効の援用をした栃木県30代男性と、ご紹介いただいたご友人の事例

時効で解決した場合と払って解決した場合との信用情報(ブラックリスト)の違い

アイフルは、JICCとCICという2つの信用情報機関に登録しています。

 

①払って解決した場合

払い終わった時から借金が消滅します(民法492条)ので、分割払いであれば払い終わるまでブラックリストです。

払い終わると、延滞をしたけれど返し終わったグレーな情報になり、JICCは完済から1年、CICは5年でグレーな情報は消えて無くなります。

 

②時効で解決した場合

時効の起算日にさかのぼって借金が消滅します(民法144条)ので、5年以上前にさかのぼることになります。

まず、JICCは時効の援用でブラックリストが消えて無くなります。

CICは、アイフルや旧ライフとの契約内容の規約に、信用情報機関に契約終了日から5年間延滞の事実を登録することに同意する旨の記載があったか無かったかで変わってきます。

無かった場合はCICのブラックリストも時効の援用で消えて無くなります。

あった場合は払って解決したときと同様、時効の援用で延滞をしたけれど完了したグレーな情報になり、5年で消えて無くなります。

 

つまり、時効の援用の方が払うより信用情報がきれいになるのが早いか同じということです。

 

 

※時効の援用後、信用情報に延滞があった情報を5年間残すことの違法性の有無が争われた裁判事例があります。アイフルに対する時効の援用後に信用情報が抹消されるかどうかについて、どこから出てきたのかよく分からない情報が出回っているので気を付けてください。詳しくは下のボタンから。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事も是非ご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんございますので、下の関連記事もご覧いただき、是非お役立てくださいませ。