新生フィナンシャル(レイク)の時効援用
新生フィナンシャル(レイク)の時効援用でよくある3つの事例
相談無料
時効援用1案件24,000円

新生フィナンシャル(レイク)の相談でよくある3つのパターン

大手消費者金融の一つである新生フィナンシャル(レイク)の時効援用の相談でよくあるパターンをピックアップすると、

裁判を起こされた

②『今後の返済に関するご提案』が届いた

③JICCやCICに延滞情報が載っている

この3つが多いのが現状です。

このページでは、この3つのパターンそれぞれで失敗をしないために気を付けていただきたいことを中心に載せてますので是非参考にしてください。

また、泉南行政書士事務所では、お客様一人ひとりの事情やリクエストに合わせた最善の解決方法のご提案を無料でさせていただいておりますので、お気軽に電話やメールでお問合せくださいませ。

借金問題に共通する解決の方法

サンプル

5年以上払っていない借金なら、まず、消滅時効の援用を検討してください。

新生フィナンシャル(レイク)の相談でよくある3つのパターンの具体的な説明の前に、まずは借金問題の解決方法を簡単にご説明いたします。

 

借金問題は、

A.払って解決する

B.消滅時効の援用で解決する

C.法的整理(自己破産など)で解決する

これらの方法でいつかは解決させないといけないときが来ます。

 

まず、5年以上払っていない借金であれば、B.消滅時効の援用を検討するのが良いでしょう。

この順番を間違えると時効が使えなくなって、デメリットの有るA(払って解決)かC(法的整理)での解決となるリスクが生じるので気を付けてください。

 

新生フィナンシャル(レイク)の借金であれば、

Ⅰ.5年以上払っていない

Ⅱ.5年以上話をしていない

Ⅲ.10年以上裁判を起こされていなかった

この3つの条件が全て揃っていれば、後は消滅時効の援用をすることで借金は消滅します。

 

ただし、この3つの条件が揃っていても消滅時効の援用をせずに借金の一部でも払ったり、相手と交渉をしてしまうとⅠやⅡの条件が崩れてしまい、一旦完成していた時効期間が振り出しに、つまりゼロに戻ってしまうことになります。

 

払って解決や自己破産などは消滅時効の援用と比較すると、解決するのにかかる金額が高額で、将来のローンなどにも不利なので、まずは一番デメリットの無い消滅時効の援用を検討して、消滅時効の援用ができない事情があれば払って解決、払って解決できなければ法的整理の順番で進めるのが大きな失敗もないので、まずは消滅時効の援用ができるのかをご検討してください。

よくあるパターン① 裁判を起こされた場合

裁判所からの通知が届いた場合は必ず受け取ってください。

受け取ったことが不利に扱われることはございません。

 

裁判所からの通知を受け取ったら、まずは時効で解決ができるのかをご検討ください。

裁判には期日がありますので、すぐに電話やメールでご相談ください。

詳しいお話を伺った上で、時効援用の可否を診断し、時効援用可能であれば追加費用無しの安心価格1案件24,000円(税抜)で解決いたします。

 

借金の時効援用に専門特化している泉南行政書士事務所では、新生フィナンシャル(レイク)の裁判案件に関する事前準備を整えてお客様のご相談をお待ちしておりますので、相談を頂いてから場当たり的に対応することはございません。

ですので判決を取られてしまう前に、早く、正確に時効援用の手続きをすることができます。

 

新生フィナンシャル(レイク)の5年以上放置されている借金で裁判を起こされた場合は、実績の豊富な泉南行政書士事務所までご連絡ください。

まずは時効援用可能か無料で診断いたします。

よくあるパターン② 『今後の返済に関するご提案』が届いた場合

新生フィナンシャルから『今後の返済に関するご提案』と題した減額和解の提案書が届いたご相談もよくあります。

 

一括払いで3分の1から4分の1、元本より安い金額の和解提案も珍しくなく、一括減額和解案としては非常に良い条件であるケースが多いのは事実ですが、5年以上放置されている借金であれば時効の援用の方がさらに良い条件で解決できることが多いので、まずは消滅時効の援用をご検討ください。

 

泉南行政書士事務所にご依頼をいただいた場合は24,000円(税抜)で解決いたします。

 

ちなみに、減額和解で払って解決させた場合、信用情報に関しましても、本来の返済ができなかった情報(俗にブラックリストなどと呼ばれています)が5年間残りますので、その点を考えた場合も消滅時効で解決した方が断然有利です。

 

まずは時効援用ができるのか詳しいお話を借金の時効援用に専門特化した行政書士が直接お伺いをした上で、お客様に最善の解決方法やアドバイスをいたしますので電話やメールでお気軽にご連絡くださいませ。

お気軽にお電話ください
072-424-3040 072-424-3040
12/7(土)早朝4:30~22:30
12/8(日)早朝4:30~11:00
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159

よくあるパターン③ JICCやCICに延滞情報が載っている場合

新生フィナンシャル(レイク)が請求もしてこないケースのご相談もよくあります。

 

その場合でも、一部例外を除きJICCやCICには延滞中の情報(俗に言うブラックリスト)が載せられていて、借金問題を解決をしないことには住宅ローンや教育ローンが組めない状態が続きます。

 

新生フィナンシャル(レイク)が請求をしてこなくても、いつかは解決をしないといけないときが来ます。

 

信用情報を早くきれいにしたいのであれば、払って解決させるよりは消滅時効の援用で解決させた方が有利になることはあっても不利になることはありませんので、まずは時効の援用を検討して、時効で解決できない事情があった場合は払って解決という順番で検討しないと、後からやり直しなどはできませんので気を付けてください。

 

時効援用後、信用情報がどのようになって、どうすれば、いつになればローン審査で信用情報が足を引っ張ることが無くなるかは、新生フィナンシャル(レイク)の情報だけではなく、信用情報全体を見て審査されますので、お客様一人ひとりケースバイケースです。

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、お客様一人ひとりのケースに合わせて時効援用後の信用情報についても正しい知識で説明やアドバイスをさせていただいております。

時効援用以外の業務に手を広げず、時効援用業務を深く掘り下げてきた泉南行政書士事務所ならではの強みを感じていただけると思います。

まずは時効の援用ができるのかどうか無料で診断いたしますので電話やメールでお問合せくださいませ。

 

このサイトをご覧いただいた皆様のお役に立てればと考えております。

よろしくお願いいたします。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 12/7(土)早朝4:30~22:30
12/8(日)早朝4:30~11:00
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分