お客様の将来に安心と希望を
相談は無料、借金の時効援用1案件24,000円(税抜)、借金消滅後のサポートも充実。時効援用後の住宅ローンも実績多数。
最初の相談から、時効援用の可否、お客様に合わせた最善の解決方法のご提案、書類作成、借金消滅後のアドバイスやアフターフォローまで借金の時効援用に専門特化した行政書士が全て執り行います。

長年放置の借金も、いつか必ず解決させないといけないときが来ます。

長年解決できずに放置されている借金問題も、いつかは解決しないといけないときが来ます。

頭の隅で、心の隅で、気にはなっているけれども自分では解決できない...。

 

借金には時効があります。

消費者金融や信販会社の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上話をしていない

③10年以上裁判を起こされていない

この3つが揃っていれば、後は時効の援用をすれば借金は消滅し、今後請求されることも、電話や訪問をされることも、裁判や差押えなどの法的措置のリスクもなくなります。

 

借金は時効援用の他にも、全額弁済、法的整理(自己破産など)でも解決できますが、どの解決方法がお客様にとって最善の解決方法か正しい知識と手順で進めなければ、後々取り返しのつかない後悔をしてしまう結果になることもあります。

 

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、まずお客様の事情や状況をお伺いし、時効援用可能か無料で診断いたします。

その上でお客様のリクエストなども含めた最善の解決方法を提案してからご依頼をいただきますので、正しい知識と方法により最終的には最善の結果まできっちりとサポートすることができます。

 

まずはお客様一人ひとりのお話を詳しくお伺いし、時効援用ができるのかどうか借金の時効援用に専門特化した行政書士が無料で診断いたしますので、お気軽に電話かメールにてお問い合わせくださいませ。

時効援用のメリットやデメリットは?

サンプル

デメリットがある解決方法など最善の解決方法ではございません

借金問題の解決方法は大きく分けると

A.全額弁済

B.消滅時効の援用

C.法的整理(自己破産など)

がありますが、5年以上放置された借金であれば、B.消滅時効の援用が、比較的に費用が安く、早く、信用情報(俗にブラックリストなどと呼ばれてます)がきれいになる可能性(事案により詳細はケースバイケースですが、AやCと比較すると)もあるので、全部を比較して考えるならデメリットもなく最善の解決方法ということになります。

 

ですので、借金問題の解決方法はまず消滅時効の援用を検討し、消滅時効の援用ができない事情があれば、他の方法を検討する、この順序で進めないと、支払ったり、支払方法などの話を始めてしまうとそこから5年間は時効にならないので、まずは時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所の無料相談で時効援用の可否を確認していただくことを強くお勧めしております。

時効の条件が揃っている借金を放置してはいけません

消費者金融や信販会社の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上話をしていない

③10年以上裁判を起こされていない

この3つの条件が揃っていれば後は時効の援用をすればその借金は消滅しますが、時効の援用をしなかったがために債権者の訪問などで払ってしまったり、話してしまったり、裁判を起こされたのに無視をして判決を取られてしまったり、裁判から10年以上経過しているのに差し押さえをされたりすると、一度完成していた時効期間がゼロ、すなわち振り出しに戻り、5年または10年間時効での解決ができなくなるリスクがございます。

 

他にも、時効の援用をせずに放置をしている間に債権譲渡される場合があります。

債権譲渡をされても時効で借金自体を消すことはできるのですが、信用情報の事故情報(ブラックリスト)が譲渡前であればすぐに消えたものでも譲渡日から5年間残ってしまいますので、後々取り返しのつかない後悔をしないためにも放置するのではなく、まずは時効援用が可能かどうかご相談ください。

 

あと、ケースバイケースではございますが、時効援用後の信用情報の事故情報(ブラックリスト)が、すぐに消えるケースと5年残るケースと2パターンございますが、いずれにせよ、時効援用をしてからすぐ、または5年ですので、1年遅く時効援用をすればその分信用情報がきれいになるのも遅くなります。

つまり、家族全員が買いたいと思う家があったとき、お子様の進学の時、住宅ローンや教育ローンが必要になるのですが、その時にローンが組めないことには、1年後に組めるようになっても意味がありません。

雨が降ったときには誰も傘を貸してくれなかったのに、雨がやんだら貸しくれる...まさにそんな状態にご家族を巻き込んでしまい、自責の念に駆られた方のお話を聞くたびに、時効の条件が揃っている借金の放置をしてはいけないことを多くの方に気付いていただきたいと思います。

 

泉南行政書士事務所では、お客様一人ひとりの状況やご事情に合わせて無理のない様に業務を進めてまいりますので、まずは詳しいお話をお聞かせください。

お気軽にお電話ください
072-424-3040 072-424-3040
8/23(金)早朝4:30~23:30
8/24(土)早朝4:30~23:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159

時効援用専門事務所ならではの安心が揃ってます

時効援用に専門特化した行政書士が最初から最後まで直接サポートいたします

初めてのご相談から借金の時効援用一本に専門特化した行政書士がお客様一人ひとりのお話を直接お伺いします。

 

まずはお客様の状況や事情、リクエストなどを借金の時効援用に専門特化した行政書士が伺いますので、時効援用の可否をはじめとする正しい法定要件や法理論の知識はもちろんのこと、法律以外の事に関しましても、豊富な実務経験による過去の実例やパターンなどもご説明できますので、お客様に合わせた理想の解決案をその場でご提案することができます。

 

さらに、時効援用の書類作成も、お客様の状況や事情、リクエストに合わせたオーダーメイドの書類を確かな知識と豊富な経験を生かして作成できますので、一般の方にはなかなか想定できない事態も想定した念入りなプロの時効援用通知書を送達することができます。

時効援用通知書は、お客様と相手方両方の証拠になるものなので、目前のリスク回避はもちろん、事後のトラブルも無い様にきっちりとした証拠を責任を持って作らせていただきます。

追加費用無しの安心価格で解決します

泉南行政書士事務所では、時効援用のご依頼を1案件24,000円(税抜)でさせていただいております。

 

借金の時効援用に専門特化した事務所なので、時効援用に関する事前準備が整っており、お客様のご相談を頂いてから場当たり的な対応がなく、スムーズで正確に業務を進めることができます。

行政書士の資格があれば、借金の時効援用以外にも様々な業務ができるのですが、他の業務に手を広げるのではなく、借金の時効援用業務を深く掘り進めておりますので、借金が消滅した後のサポートも充実しており、さらに他の業務の準備を一切無くす事でコストを下げることができました。

裁判案件や債務額の大小による追加費用もなく、相談も無料ですので、最初から最後まで安心してお任せいただくことができます。

サンプル

時効援用後も安心のサポート体制

借金の時効消滅後も、お客様の事案やリクエストによりケースバイケースではございますが、相談、アドバイス、サポートなども充実しており、借金の時効援用に専門特化した事務所ならではの強みがございます。

 

借金問題は着地点と申しましょうか、最終的なところが非常に重要な問題でもございます。

 

例えば、多重債務の有る方でしたら、せっかく1件時効で解決できたのに、別件を放置して結局破産や給料などの差し押さえになってしまっては、せっかく途中までうまくいっていたのに結局は何の解決にもならなかったということになってしまうリスクが残った状態になってしまいます。

そんな場合も無理のない様にお客様の状況に合わせ、解決の方法や手順などをお伝えし、必要なサポートも充実させております。

他にも、将来の住宅ローンや教育ローンなどをお考えのお客様でしたら、せっかく時効で借金を消すところまでうまくいっても、正しい知識のある専門家によるアドバイスが最終的には必要なケースもございます。

 

借金の時効援用と一言で申しましても、お客様一人ひとり異なる問題点やリクエストがございます。

借金の時効援用に専門特化し、業務を横に広げず深く掘り下げてきた泉南行政書士事務所だからこそ最後まで安心して任せられるサポート体制がございます。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 8/23(金)早朝4:30~23:30
8/24(土)早朝4:30~23:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分