引田法律事務所(日本保証・旧武富士)の時効援用
かつて消費者金融最大手だった武富士の借金の回収が非常に多い事務所です。
相談無料
時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します

武富士の借金で5年以上払っていない場合は、まず消滅時効の援用を検討してください

サンプル

まずは時効援用を検討、これがセオリーです

株式会社日本保証代理人として引田法律事務所から【受任通知書】【通知書】【催告書】【債務減額のご提案通知】等と題した請求書面が届いた場合は、まずは消滅時効の援用を検討してください。

 

旧武富士など消費者金融の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上話をしていない

③10年以上裁判を起こされていない

以上の条件が揃っていれば、後は消滅時効の援用(時効を利用して借金を無しにする意思表示)をすることで借金は消滅、すなわちゼロになります。

 

借金が消滅すれば、今後請求されることもなくなり、裁判を起こされたり給料の差し押さえなどのリスクもなくなります。

さらに、この案件であれば信用情報の延滞情報(俗にブラックリストなどと呼ばれています)も消えて無くなります。

日本保証は減額や分割で解決するのは難しい相手です

なぜ、まずは消滅時効の援用を検討なのか?

減額や分割でも払って解決した方がいいのでは?と思われた方は特にご注意ください。

 

まず、減額や分割の和解は時効の中断事由となり、一旦5年以上経過している時効期間であってもゼロに(振り出しに)戻ります。

 

この引田法律事務所(日本保証の代理人)からの請求ですが、減額や分割の和解には応じてもらえない傾向が非常に強く、安易な和解提案はかえって問題が泥沼化する恐れがあるので、独自の判断で行動して取り返しのつかないことにならないためにも、まずは消滅時効の援用を検討するようにしてください。

 

※2019年11月の最新情報

引田法律事務所から【債務減額のご提案通知】と題した元金一括和解提案が送られてきた事例がありました。

ということで、今後は元金一括和解に応じてもらえるようになる可能性も出てきました。

ですので、時効の援用を検討して、時効で解決できない場合には元金一括和解という選択肢も今後は使えるようになるのかもしれません。

サンプル

制度や法律、手続きがよく分からない方もご安心ください

借金の時効援用に専門特化し、これまで引田法律事務所からの請求を時効で解決をさせてきた実績多数の泉南行政書士事務所では、無料で制度や法律、手続きなどの疑問にお答えしております。

 

特に日本保証代理人の案件(武富士の借金)は実績も多く、経験豊富な行政書士が直接お客様のお話を伺いますので、疑問点や時効援用の可否についてその場でお答えすることができます。

法律の事だけではなく、お客様一人ひとりの事情やリクエストもお伺いいたしますので、お客様の事案に合わせた最善の解決方法をご提案させていただくこともできます。

 

まずはお気軽に電話かメールでお問い合わせください。

お待ちしております。

時効援用1案件24,000円で解決します

借金の時効援用を専門としている泉南行政書士事務所では、お客様のお話を詳しくお伺いし、時効援用が可能で、依頼をご希望いただける場合には、追加費用無しの安心価格1案件につき24,000円(税抜)で時効援用通知書を作成し、相手方(引田法律事務所)に内容証明で送達いたします。

 

この時効援用通知書の作成ですが、泉南行政書士事務所では、お客様のお話を直接伺った時効援用専門の行政書士が作成致しますので、お客様一人ひとりの事案に合わせたオーダーメイドの書類作成が可能となります。

 

 

そして、いつ、どのような結末になるのか長年に渡り頭の隅で不安だった武富士の借金が時効で消えた後も、お客様の事案やリクエストに合わせたアドバイスやサポートも充実しております。

いろいろあって武富士以外の昔の借金が今どうなっているのかわからなくなってしまった方、将来住宅ローンや教育ローンを組みたい方等々、経験豊富な行政書士による貴重なアドバイスやサポートもさせていただいておりますので、是非ご利用くださいませ。

お気軽にお電話ください
072-424-3040 072-424-3040
12/7(土)早朝4:30~22:30
12/8(日)早朝4:30~11:00
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159

支払いの催告に係る債権の弁済期の日付が明らかにおかしいと思ったら?

支払いの催告に係る債権の弁済期とは、武富士または日本保証に本来支払わないといけなかった日付を意味します。

つまり、記載内容に誤りがなければ、時効期間はそこから5年または10年ということになります。

 

ところが、引田法律事務所から届いた書面に記載されている支払いの催告に係る債権の弁済期の日付が明らかにおかしいというご相談が時々あり、この記事を作成するに当たり当事務所にご依頼いただいた過去の案件から統計を出しましたところ、引田法律事務所が請求する武富士の借金(日本保証代理人)の案件全体の内、約18%のお客様が1~2年前の日付が記載されているが、1~2年前が弁済期であったことなど、まずありえないとのことで、実際に時効援用をした結果、それら全ての案件において時効が成立し、JICC(信用情報機関)の日本保証の情報も消えて無くなっていました(過去案件の統計上のデータです。ご参考までに)。

 

そういう意味では、引田法律事務所(日本保証代理人)の時効案件はお客様の記憶に頼る部分もあるといえるかもしれません。

ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 12/7(土)早朝4:30~22:30
12/8(日)早朝4:30~11:00
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

武富士や日本保証が過去に裁判を起こしている案件もお任せください

判決が出てから10年間は時効が使えません

裁判を起こされて支払の判決が出ると、時効期間は10年になります。

 

もし、裁判を起こされていれば、住民票の抹消や未登録など一部の例外を除いて住民票のある住所に裁判所からの通知が届きます。

たとえば、裁判所からの通知が届いていたのに無視をしてしまった場合、裁判所は武富士や日本保証の言い分だけを聞いて判決を出すことになりますので、そこから10年間は時効が使えなくなります。

 

さらに、判決で決められた支払いが無い場合は武富士や日本保証は給料などの差し押さえの手続きをすることができます。

そして、実際に差し押さえをされると時効期間が中断され、またそこから10年間時効が使えなくなります。

但し、差押えの請求が取り下げられたり、執行ができずに終わってしまった場合は時効期間の中断にはなりません。

少しややこしいかもしれませんが、実際に強制執行をしたけれども取るものがなくて終わった場合も時効の中断になり、そこから10年間時効は使えません。

裁判案件も10年以上経過したら時効援用ができます

引田法律事務所(日本保証代理人)への時効援用の依頼の中には、裁判を起こされてから10年以上経過した案件のご依頼をいただくこともあります。

 

裁判を起こされてから10年以上放置されている借金でも、支払いに関する話し合いをしてしまったり、強制執行をされてしまうと、そこからまた10年間時効が使えなくなります。

 

裁判を起こされて10年以上経過した案件でもこれまで時効で解決できている実績が多数ございますので、強制執行をされる前に一度ご相談ください。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

旧武富士のいまだに未解決の案件は非常に多いのが現状です

既に倒産をした武富士ですが、かつて消費者金融最大手であったこともあり、いまだに未解決の案件がまだまだ大量にあるようです。

 

実際に借金の時効援用だけを専門に業務を執り行っている泉南行政書士事務所にいただく引田法律事務所への時効援用の依頼件数は、オリンポス債権回収に次ぐ2位となっており、オリンポス債権回収が複数の債権者からの回収委託を行っているのに対し、引田法律事務所はほとんどの案件(当事務所統計92%)が武富士から日本保証に引き継がれた債権の回収委託であること、日本保証以外にも引き継がれた武富士の債権もあることなどを考えると、いかに武富士の不良債権がたくさんあるのにもかかわらずいまだに放置されているのかが時効援用の実務の現場では浮き彫りになっております。

 

昔、武富士で作った借金もいつかは必ず解決をしないといけないときが来ます。

全額払うのか、消滅時効を援用するのか、破産するのか。

まずは消滅時効の援用をご検討ください。

 

借金の時効の事なら、借金の時効専門の泉南行政書士事務所にお任せください。

借金の時効援用に専門特化した事務所ならではの強みがございます。