オリエントコーポレーション(オリコ)の時効援用
典型的な事例を中心にお伝えします
時効援用1案件24,000円(税抜)
相談無料

オリコカードで借りて5年以上経過した案件が圧倒的多数

信販会社最大手のオリエントコーポレーション(オリコ)の時効援用で圧倒的に多いのが、昔オリコカードで借りて5年以上経過した案件となっております。

 

他には1年に数件程度ではございますが、求償債権(銀行で借りたときなどの保証会社)や、ユーシーカードの会社分割でオリエントコーポレーションに引き継がれた借金のご相談などもございます。

しつこい請求をしてこないことが多いのも特徴

オリエントコーポレーション(オリコ)は長期延滞に対して(当事務所にいただくご相談事例を参考に考えると)最近はあまりしつこい請求をしてこない傾向にあるようです。

 

なので、オリエントコーポレーション(オリコ)の時効援用のご相談で圧倒的に多いのが、「住宅ローンの審査に落ちた」「クレジットカードが作れない」などといった、信用情報に延滞情報が載っていて(俗にブラックリストと呼ばれます)お困りのご相談です。

オリエントコーポレーションが裁判上の請求をしてくることがあります

オリエントコーポレーション(オリコ)の時効援用の依頼数全体で考えると少ないのですが、裁判上の請求(支払督促)をしてくることもございます。

 

もし、オリエントコーポレーション(オリコ)の5年以上放置している借金で裁判所からの通知が届いた方は、必ず受け取って当事務所までご連絡くださいませ。

 

裁判所からの通知を無視してしまったり、間違った対応をしてしまうと時効での解決ができなくなるリスクがございますので注意してください。

消滅時効の援用

サンプル

オリエントコーポレーション(オリコ)の借金を時効で解決するには?

オリエントコーポレーション(オリコ)の借金を時効で解決するには以下の法定期間のすべてが揃っている状態で消滅時効の援用をする必要がございます。

 

・法定期間(オリエントコーポレーションなど信販会社の場合)

①5年以上払っていない

②5年以上話をしていない

③10年以上裁判を起こされていない

 

・消滅時効の援用とは?

法律上、時効期間経過後であれば、時効の利益の放棄をすることができます(民法146条の反対解釈)。

つまり、時効期間経過後でも弁済で借金を解決させる方法が認められているので勝手に借金は無くなりません。

時効で借金を解決させるには、時効の利益を受ける(時効なので借金を放棄する)意思表示を債権者(オリエントコーポレーション)にする必要があります。

この意思表示のことを消滅時効の援用といいます。

 

時効援用権者

時効は、当事者が援用しなければ有効なものになりません(民法145条)。

 

この当事者には、オリエントコーポレーション(オリコ)の借金の名義人の他、保証人なども含まれますが、ご家族や友人は含まれません。

 

ただ、その当事者が忙しかったり、名義貸しなどの事情があって手続きが困難な場合でもご相談ください。

お客様の事情に合わせて、後々のトラブルも無い様に最善の解決方法をご提案させていただきます。

 

その一例として、ご家族の方(奥様)を連絡窓口として手続きをする方法を紹介したページが当サイト内にございます。

当事者の方にして頂くのは3つだけ

①本人確認、意思確認

②ご家族の方を連絡窓口として手続きを進めるので、職務上分かったことは全て連絡窓口の方にお話しても良いという承諾

③署名捺印

 

借金の時効援用に専門特化し、法律上、法律外を問わず様々な事情を熟知した泉南行政書士事務所ならではのノウハウがございます。

詳しくは下のボタンから。

消滅時効の援用後はどうなるの?

消滅時効の効果

時効の効力は起算日(最後の支払など)にさかのぼります(民法144条)。

 

①起算日以後の利息、損害金、手数料なども消滅します。

 

起算日の時点でのオリエントコーポレーション(オリコ)からの借入残高はもちろん、起算日以後に発生した利息、損害金、手数料などすべてが消滅いたしますので、時効援用後は一切請求されることはなく、裁判を起こされたり、給料の差し押さえなどの強制執行などのリスクも無くなります。

 

②信用情報の延滞情報(ブラックリスト)も時効で処理されます。

 

CICなどの情報の保有期限は5年となっております。

時効の効力は起算日(5年以上前)に遡りますので消滅する場合がございます(当事務所過去受任案件の統計では約89%が消滅)。

 

ただし、貸金業法(41条の36第2項)に規定のある信用情報登録に関する契約時の同意事項の中で、延滞の事実を『契約終了日から』5年間登録することに同意している場合は、過去に延滞をしたけれども完了しているグレーな情報として5年間登録をしても違法性はない(東京地方裁判所判決:平成28年6月8日)ので、完全には消えないケースもございます。

サンプル

時効援用後のアフターフォローも充実

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所は、オリエントコーポレーション(オリコ)の借金が時効消滅した後のアドバイスやサポートも充実しておりますので、時効援用後に住宅ローンや教育ローンが組めたお客様も多数おられます。

 

住宅ローンやクレジットカードなどの審査の際には、CICなどの信用情報の調査が業者に義務付けられていて(貸金業法13条2項)、各信用情報機関によって信用情報の収集、登録が貸金業法の規定に基づいて行われています。

 

ただ、信用情報は一般の方になじみの薄いものである上に、ネット上では法的根拠や裁判所の判断にそぐわない都市伝説の様な情報も出回っているので、正しい知識がある専門家によるアドバイスやサポートの重要性は高いと思います。

 

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、無料相談から時効援用通知書面の作成、そして時効が成立した後のアフターフォローまで全て時効援用専門の行政書士が執り行いますので、お客様一人ひとりの事案やリクエストに合わせたオーダーメイドの業務が可能となっております。

 

お費用は追加費用無しの安心価格、1案件24,000円(税抜)となっております。

 

まずは無料相談で詳しいお話をお伺いいたしますので、お気軽に電話、またはメールでお問い合わせくださいませ。

お気軽にお電話ください
072-424-3040 072-424-3040
12/7(土)早朝4:30~22:30
12/8(日)早朝4:30~11:00
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 12/7(土)早朝4:30~22:30
12/8(日)早朝4:30~11:00
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。