新生パーソナルローンの時効援用をご検討なら
時効援用後のローン審査のアドバイスも充実
時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します
相談無料

jiccやcicに延滞の情報が登録されてローン審査に通らないご相談が最多数です

新生パーソナルローン(ノーローン・旧シンキ)の時効援用を検討しているお客様で、これまで借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所に寄せられるご相談で圧倒的多数を占めるのが、住宅ローンをご検討中の方やローン審査に落ちてしまった方が信用情報(jicc・cic)を取り寄せると新生パーソナルローンで延滞中の情報(俗に言うブラックリスト)が載っていたというご相談です。

 

次に多いのは、アルファ債権回収から請求が来たというご相談となっております。

 

新生パーソナルローンは最近ではあまりしつこい請求は行っていない傾向(たまに減額和解を兼ねた通知が郵便で送られてくる程度)にありますが、請求が来ないからといって昔の借金が勝手に消えて無くなるわけではございません。

 

払うか、時効か、自己破産するか、いつかは解決をしないといけないときが来ます。

 

今後ローン審査をお考えであれば、まずは時効援用をご検討ください。

jiccやcicの延滞情報を消すのであれば、時効援用が有利になることはあっても不利になることはございません。

 

時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。

追加費用は無し、相談は無料です。

新生パーソナルローンで5年以上放置の借金は時効援用をご検討ください

サンプル

時効援用とは

借金には時効があります。

 

新生パーソナルローン(ノーローン・旧シンキ)の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上話をしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった

この3つの条件が揃っていれば、あとは新生パーソナルローンに時効援用をすることで借金は消滅し、今後請求されることも、裁判を起こされたり給料などの差し押さえをされるリスクも無くなります。

そしてjiccやcicの情報も時効で処理されます。

 

消滅時効の援用とは、時効を使って借金を消滅させる意思表示の事をいいます。

時効期間完成後に時効援用をすると借金は消滅します。

 

逆に時効を使わない意思表示を時効の利益の放棄といいます。

時効期間完成後に時効放棄すると援用権を失います(時効期間完成前の時効放棄は無効です)。

 

あと、新生パーソナルローンの権利(請求権など)を認めることを債務承認といいます。

時効期間完成の前後を問わず、債務承認をすると時効期間は振り出しに、すなわちゼロからカウントしなおしとなります。

新生パーソナルローンの時効援用のことならお任せください
072-424-3040 072-424-3040
1/22(金)早朝4:30~22:30
1/23(土)早朝4:30~22:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159

時効援用後に住宅ローンが組めた、栃木県30代男性の事例

時効援用後のjiccとcicの情報について

jiccについて

新生パーソナルローンは2つの信用情報機関(jicc・cic)に2重に登録をしています。

まずはjiccからご説明いたします。

 

jiccの情報を開示すると、新生パーソナルローンの借金の時効期間が完成しているのであれば、5年以上の長期延滞中の情報が登録されています。

そして、

 

①全額返済すると

残高の欄が0円になり、完済日の日付が入り、今『延滞』と登録されている情報が『延滞解消』となり1年後に消えます。

つまり、今『ブラック』な情報が、延滞をしたが返し終わった『グレー』な情報になり、1年後に綺麗になるという流れになります。

 

②時効援用をすると

新生パーソナルローンの情報そのものが消えて無くなります。

つまり、時効援用をした後、すぐにjiccの情報が綺麗になるということです。

cicについて

cicの情報を開示すると、cicもjiccと同様に新生パーソナルローンの長期延滞中の情報が登録されています。

 

①全額返済すると

新生パーソナルローンで長期延滞をした情報は残したまま残高が0円になり、終了状況の欄に『完了』、保有期限の欄に『5年後の日付』が入り、5年後に消えていきます。

つまり、延滞中の『ブラック』から延滞解消の『グレー』になって5年後に綺麗になるという流れになります。

 

②時効援用をすると

時効援用をした場合は2通りの処理があります。

・jiccと同様に新生パーソナルローンの情報そのものが消える

・完済したときと同様にcicにグレーな情報が5年残る

つまり、時効援用をした後は、すぐにきれいになるか5年後に綺麗になる。

このどちらかということになります。

 

この2通りの処理の違いですが、貸金業法41条の36第2項で信用情報の登録について顧客の同意を得ることを義務付けているのですが、その同意事項の中に『債務の支払いを怠った事実については契約期間中および契約終了日から5年間』登録する項目があった場合は法令に従い顧客の同意を得て行われているものであって違法性を欠く(東京地方裁判所判決:平成28年6月8日)と、延滞情報を5年間登録することに同意していたかどうかで一線が引かれた判断が出ております。

 

ネット上では貸金業者と信用情報機関がまるで勝手に情報登録をしているような、そんないいかげんな情報も出回っており、中には時効援用後に『貸し倒れ』と登録されるなどという違法性の余地がある情報もあるようです。

私自身これまで1,000人を超える信用情報を見てまいりましたが、時効援用後に『貸し倒れ』と登録された情報を見たことが一度もなく、出所不明のいかがわしい情報であり、いわゆる都市伝説ではないかと考えております。

新生パーソナルローンに連絡をする前に

新生パーソナルローンで長年にわたり放置されてきた借金もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

時効期間が完成しているのではないか?と思われた方は借金の時効援用業務のみに専門特化した泉南行政書士事務所の無料相談を是非ご利用くださいませ。

 

借金の時効援用に専門特化した行政書士が、初回の相談から書類作成、時効援用後のアドバイスなど全てを執り行いますので、時効援用の可否はもちろん、お客様の疑問にもその場でお答えすることができ、さらにお客様一人ひとりの事情やリクエストに合わせたオーダーメイドの業務をさせていただいております。

 

新生パーソナルローンに連絡をしてしまうと債務承認や時効放棄をしてしまい、時効援用ができなくなるリスクが生じますので、やみくもな行動をする前にお気軽に借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所までご連絡くださいませ。

 

新生パーソナルローンに連絡をしてしまった方もご連絡くださいませ。

その後の対応方法をお伝えいたします。

新生パーソナルローンの時効援用のことならお任せください
072-424-3040 072-424-3040
1/22(金)早朝4:30~22:30
1/23(土)早朝4:30~22:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159

追加費用無しの安心価格、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、時効援用書面作成業務を1案件につき24,000円(税抜)でさせていただいております。

 

借金の時効援用に専門特化した事務所ですので、

 

①借金の時効援用に関する事前準備が整っております。

ですので、お客様のご相談をいただいてから場当たり的に対応することがなく、スムーズに、そして正確に時効援用の手続きを進めることができます。

 

②借金の時効援用以外の業務の準備を省くことでコストを下げることができました。

借金の時効援用業務のみに専門特化させることにより、追加費用無しの安心価格、24,000円(税抜)で相談から書類作成、お客様一人ひとりに合わせた時効援用後のアフターフォローまで可能になりました。

 

③フリーダイヤルは使用しません。

無料相談のみをご希望のお客様の電話代まで依頼者にご負担いただくことの無い様にフリーダイヤルは使用しておりません。

 

④都会の一等地のテナントを避けました。

事務所の維持費を最小限に抑えるために都会の一等地のテナントを避けました。

 

時効援用を検討しているお客様に安心してご依頼いただけるように常に心がけております。

 

借金問題は最終的な着地点が重要な問題だと考えております。

ですので、時効援用後のアフターフォローまで追加費用無しでさせていただいております。

まずはお客様一人ひとりの事情やリクエストに合わせた最善の解決方法をご提案させていただきます。

相談は無料です。

ご遠慮なくご利用くださいませ。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

ご家族の借金の時効援用もご相談ください

時効援用は当事者がしないと法理論上有効なものにはなりません。

この当事者とは、保証人なども含まれますが、家族は含まれません。

 

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、ご本人様が忙しくて時効援用手続ができずに放置されている案件もこれまでたくさん解決をしてまいりました。

その方法の一つとして、ご家族の方を連絡窓口にして手続きを執る方法がございます。

 

ご本人様にして頂くことは3つだけ

①本人確認と意思確認(電話で5分程度)

②連絡窓口になっていただくご家族の方に業務上知り得たことは全てお話してもよいという承諾

③署名捺印

この3つだけご本人様にして頂ければ、後はご家族の方と行政書士で時効援用手続を進めることもできます。

 

私の知識と経験によるノウハウが時効援用を検討している皆様のお役に立てればと考えております。

法律上、法律以外の事を含め、借金の時効援用のことなら何でもご相談ください。

借金の時効援用に専門特化した事務所ならではの強みがございます。

新生パーソナルローンの時効のことならお任せください

ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 1/22(金)早朝4:30~22:30
1/23(土)早朝4:30~22:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報満載!