ギルドの時効援用
裁判上の請求(訴訟)や自宅訪問など強力な回収手段も使う業者です。
相談無料
時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します

裁判を起こしたり自宅訪問も珍しくない業者です

ギルドの時効援用の相談で多いのは、10年以上前に借りた消費者金融のスカイやハッピークレジットなどの借金が、商号変更を繰り返して今はギルドが債権者になっているというケースです。

 

ギルドの請求で特に気を付けていただきたいのが、裁判(訴訟)を起こしたり、自宅訪問をしてくるケースが珍しくないので、

①5年以上払っていない借金であれば時効援用を検討すること

②間違えた対応をしてしまわないこと

③なるべく早く専門家に相談しておくこと

この3点が大切になってきます。

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、相談は無料、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決いたします。

①5年以上払っていない借金であれば、時効援用を検討してください

サンプル

時効援用とは?

借金には時効があります。

ギルドの時効援用のご相談で多いのが、10年~30年ぐらい前の借金がほとんどなのですが、何十年放置しても借金は無くなりません。

払うか、時効援用をするか、自己破産など法的整理をするか、いつかは解決をさせないといけないときが来ます。

 

5年以上払っていない借金であれば、まずは時効援用を検討してください。

 

スカイやハッピークレジットなど、消費者金融の借金であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上話をしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった

この3つの条件が揃っておれば、後は時効の援用をすることで借金は消滅し、今後ギルドから請求されることも、裁判を起こされたり給料などの差し押さえをされるリスクもなくなります。

 

時効期間が完成しているので時効の利益(借金の消滅)を使う意思表示の事を消滅時効の援用時効援用といいます。

 

逆に時効期間完成後に時効の利益を使わない意思表示を時効の利益の放棄といいます。

時効の利益を放棄すると援用権を失います(時効期間未完成での時効の放棄は無効なので、援用権を失いません)。

 

あと、時効期間の完成、未完成を問わず、ギルドの権利(請求権など)を認めることを債務承認といいます。

債務承認をすると時効期間が振り出しに、すなわちゼロからカウントしなおしになります。

②間違えた対応をしてしまわないように気を付けてください

債務承認に気を付けてください

ギルドの権利(請求権など)を認めてしまうと、時効期間が振り出しに戻ってしまい、時効援用ができなくなってしまうので気を付けてください。

 

債務承認は、ギルドの権利を正面から認める形である必要はなく、一部弁済や、「払うからもう少し待ってください」と支払猶予を求めたり、減額や分割の和解などもギルドの請求権を認めたことになり、法理論上、時効期間がゼロに戻ってしまう余地が生じます。

 

特に自宅訪問や裁判を起こされた時に債務承認をしてしまうリスクが高いので、時効援用で解決をお考えであれば、一部弁済、支払猶予懇願、和解締結をしないように気を付けてください。

サンプル

訴訟を起こされたら

裁判所から通知が届いたら通知は必ず受け取ってください。

裁判所からの通知を受け取ったことが不利益に扱われることはございません。

裁判所からの通知を無視してしまうと、裁判所はギルドの言い分だけを聞いて判決を出しますので、判決が確定するとそこから10年間は時効援用ができなくなります。

 

裁判所からの通知を受け取ったらすぐにご連絡ください。

答弁書などで分割和解を希望したりすると債務承認になり、時効での解決が困難になりますのでご注意ください。

 

相談は無料、追加費用無しの安心価格、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。

自宅訪問されたら

ギルドが自宅訪問して来たというご相談も珍しくありません。

時効での解決をお考えであれば、時効放棄や債務承認になる行為はしないのが理想なのですが、「月々○○円ぐらいなら」と話をしてしまう方が多いのが実情です。

 

【訪問通知書】と題した書面が届いた方は念のために訪問される前に時効援用をしてしまうのがリスクが無くてよいのですが、訪問されてしまった方は早急にご相談くださいませ。

状況を詳しくお伺いした上で最善の解決方法をお伝えいたします。

ギルドの時効ならお任せください
072-424-3040 072-424-3040
7/12(日)早朝4:30~22:30
7/13(月)早朝4:30~22:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159

③早めに専門家に相談しておくことをお薦めします

ギルドから【返済相談通知】が届いた方で時効援用での解決をご検討であれば、なるべく早めに時効援用ができるのか専門家に確認をしておくのが良いと思います。

 

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、お客様一人ひとりのお話を借金の時効援用に専門特化した行政書士が直接伺いますので、その場で時効援用の可否やお客様の疑問にお答えすることができ、お客様の事情やリクエストに合わせて最善の解決方法をご提案いたします。

 

相談さえいただいておれば、ギルドが自宅訪問をしてきたときも「専門家に相談している」「専門家から何も話してはいけないと言われている」と追い返すアリバイ作りにもなりますので、お気軽に電話やメールでご相談ください。

 

全国対応、相談は無料です。

このサイトに訪問していただいた皆様のお力になれればと思っております。

よろしくお願いします。

ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 7/12(日)早朝4:30~22:30
7/13(月)早朝4:30~22:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

裁判を起こされて10年以上経過している場合もお任せください

10年以上前に裁判を起こされて、10年以上差し押さえなどをされていない借金の時効援用もお任せください。

 

ギルドから【債務名義確定通知】が届いている方は、『○○簡易裁判所 平成○○年(ハ)第○○号 貸金請求事件に基づく債務名義』と記載の有る年から10年以上経過している借金も時効で解決ができる可能性が高いので、一度ご相談ください。