三井住友カードの時効援用
5年以上放置している借り入れは時効援用手続をご検討ください
時効援用1案件24,000円
相談は無料

信用情報を綺麗にしたいのであれば

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所に寄せられる三井住友カードの時効援用のご相談で圧倒的多数を占めるのが【信用情報を綺麗にしたい】というご相談です。

 

三井住友カードは2つの信用情報機関(JICC・CIC)に登録しています。

そして3か月以上連続して延滞をするとJICCとCICの情報に長期延滞中の情報が登録されます。

この状態の事を俗に【ブラックリスト】などと呼ばれています。

 

住宅ローンのお申し込みなどのときにはこの信用情報を使って調査することが法律(貸金業法13条2項)で義務付けられているので、今後住宅ローンなどを検討している方は延滞中の借金問題とブラックリストの両方の問題を解決させないといけないということになります。

 

今後、住宅ローンなどをお考えであれば、やみくもに行動するのではなく、正しい知識と実績のある専門家のアドバイスやサポートの基に解決されるのが良いと思います。

借金問題とブラックリストの解消

サンプル

借金問題の解決方法:メリットとデメリット

借金問題の解決方法は大きく分けて

①払って解決させる

②時効援用をする

③自己破産など法的整理をする

のいずれかになります。

 

◎費用面

・費用面のメリット・デメリットは債務額にもよりますが、仮に年利20%で5年延滞であれば利息だけで100%、つまり元本の2倍に膨れ上がっています。

・借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決いたします。

・自己破産など法的整理の場合、各事務所により異なりますが、一般的には30万円ぐらいで解決できます。

 

◎ブラックリストの解消の時期

信用情報(JICC・CIC)のメリット・デメリットは、時効援用がメリットはあってもデメリットはないということになります。

・全額一括払いの場合、延滞をしたけれども完了したグレーな情報になり、JICCは1年、CICは5年後に三井住友カードの情報そのものが消えて無くなります。

・分割や減額和解で払って解決させた場合、債務整理をした情報が5年間登録されますので、一度返済できなくなってしまったブラックな情報が5年間残ることになります。

・時効援用をした場合、JICCの情報はすぐに消え、CICの情報はすぐに消えるか、延滞をしたけれども完了したグレーな情報になって5年後に三井住友カードの情報そのものが消えて無くなります。

・自己破産の場合、破産開始決定の官報情報が全国銀行協会の信用情報(JBA)に10年間登録され、JICCとCICは免責決定から5年間ブラックな情報が登録されます。

時効援用ができるのか?

時効の援用をするにしても法定の要件を満たしていないと成立しません。

 

三井住友カードなど信販会社の借り入れであれば、

①5年以上払っていない

②5年以上話をしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった

この3つの条件が揃っていれば、後は時効の援用をすることで借金は消滅し、今後請求をされることも、裁判を起こされたり給料の差し押さえをされるリスクも、そして信用情報機関(JICC・CIC)の延滞中の情報も時効で処理されます。

 

時効の援用とは、時効の利益(借金の消滅)を使う意思表示の事をいいます。

 

逆に、時効期間経過後に時効の利益を使わない意思表示を時効の利益の放棄といいます。

時効の放棄をすると援用権を失います(時効期間経過前の時効放棄は無効です)。

 

他に、時効期間の経過の前後を問わず債権者(三井住友カード)の権利(請求権など)を認める行為を債務承認といいます。

債務承認をすると、時効期間が振り出しに(ゼロに)戻り再び進行します。

サンプル

まずは時効診断(無料)をご利用ください

5年以上放置してしまっている借金の時効援用ができるのかどうか、借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では無料で診断いたしますので時効援用をご検討であればお気軽に電話またはメールでお問合せください。

 

初めてのご相談から時効援用後のアフターフォローまで借金の時効援用に専門特化した行政書士が直接対応いたしますので、時効援用の可否はもちろん、お客様の疑問にもその場でお答えすることができます。

そして、お客様一人ひとりの状況や事情、リクエストに合わせてまずは最善の解決方法をご提案いたします。

 

時効援用が可能で、時効援用書面作成業務のご依頼をご希望いただける場合は、追加費用無しの安心価格24,000円(税抜)でさせていただいております。

 

お客様のお話を直接伺った行政書士が時効援用書面を作成致しますので、お客様一人ひとりの状況や事情、リクエストに合わせたオーダーメイドの時効援用通知書の作成が可能となっております。

 

時効援用後で借金が消滅した後の住宅ローンなどのアドバイスなど、アフターフォローも充実しておりますので是非ご利用くださいませ。

借金の時効の話が聞きたい方は、お気軽にお電話ください
072-424-3040 072-424-3040
7/12(日)早朝4:30~22:30
7/13(月)早朝4:30~22:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 7/12(日)早朝4:30~22:30
7/13(月)早朝4:30~22:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。