高島屋クレジットの時効援用
5年以上延滞の高島屋カードは時効で解決できます
時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します
相談無料

高島屋カードで5年以上延滞しているのであれば

高島屋クレジットの時効援用の相談でよくいただくのが、高島屋カードで5年以上延滞しているというケースです。

 

高島屋カードの運営会社が高島屋クレジット(株)なのですが、高島屋クレジットは長期延滞をしている場合でも、最近はあまりしつこい請求はして来ない傾向にあります。

 

ただ、しつこい請求をしてこないからといってもいつかは必ず解決をさせないといけないときが来ます。

5年以上放置している借金には時効があります。

相談無料、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。

高島屋カードの延滞は信用情報(ブラックリスト)に載ります

サンプル

時効援用とは

高島屋カードなど、クレジットカードの借り入れには時効があります。

 

高島屋カードの借り入れであれば、

①高島屋クレジットに5年以上払っていない

②高島屋クレジットと5年以上話をしていない

③高島屋クレジットから10年間裁判を起こされていなかった

この条件が揃っていれば、後は時効の援用をすることで借金は消滅し、今後請求をされることも、裁判を起こされたり給料の差し押さえをされるリスクも無くなります。

 

そして高島屋クレジットは信用情報機関(JICC・CIC)に登録している会社なのですが、信用情報(JICC・CIC)に登録されている延滞中の情報(俗にブラックリストなどとも呼ばれます)も時効で処理をされます。

 

時効援用とは、時効期間の経過後に、時効の利益(借金の消滅)を使う意思表示の事をいいます。

 

逆に、時効期間経過後に時効の利益を使わない意思表示を時効の利益の放棄といいます。

時効の放棄をすると援用権を失います(時効期間経過前の時効放棄は無効です)。

 

あと、時効期間経過の前後を問わず、債権者(高島屋クレジット)の権利を認める行為を債務承認といいます。

債務承認をすると時効期間が振り出しに(ゼロに)戻り、再び進行します。

請求が来ない高島屋カードの情報の調べ方

高島屋クレジットは、最近はあまりしつこい請求はしてこない傾向にあります。

何年も放置されて、今どうなっているのか分からない場合は一度自分の信用情報を開示してみるのがよいと思います。

 

日本に信用情報機関はJICC・CIC・JBAの3つがあり、それぞれの信用情報機関の情報を開示するとその信用情報機関に登録されているご自身の全ての情報が出てくるということになります。

 

高島屋カードの情報の場合は、運営会社である高島屋クレジットがJICCとCICに2重に情報を登録していますので、JICCとCICの情報を開示すると、高島屋クレジットを含むJICCとCICに登録されているご自身の情報の全てが出てくるということになります。

そうすることで高島屋クレジットをはじめとするJICCとCICに登録されている全ての業者の債務の存在の有無、延滞期間などが明らかになりますので、5年以上支払いの無い、10年以上裁判の無い借金は時効援用をすることで解決させることができます。

 

開示の方法は信用情報機関の窓口での開示のほか、郵送やインターネットでの開示などもできますので、ご自身に合った方法をJICCとCICのホームページで調べるのが良いと思います。

 

※信用情報の開示手続が困難でお困りの方は郵送による開示書類の作成代行も当事務所でさせていただくこともできますので、お困りの方はご遠慮なくご相談くださいませ。

サンプル

時効援用後の信用情報

長年放置してしまっている借金問題もいつかは解決させないといけないときが来ます。

解決の方法は払って解決をさせるのか、時効援用をするのか、自己破産など法的整理をするのか、いずれかの方法になります。

時効期間の経過している債務の場合は時効援用で解決させるのが信用情報を綺麗にしたいのであればメリットはあってもデメリットがなくてよいと思われます。

 

高島屋クレジットの延滞中の情報(ブラックリスト)ですが、

 

①JICCの場合

全額払って解決をさせると、高島屋クレジットで現在延滞中の情報(ブラック情報)が延滞解消(グレー情報)となり、1年後に高島屋クレジットの情報そのものが消えて無くなります(1年間グレー)。

それに対し、時効援用で解決をさせると高島屋クレジットの延滞を含む全ての情報が消えて無くなります(完全にきれいになります)。

減額や分割の和解で払って解決をさせると、債務整理の情報が登録されて、和解から5年後に消えます(5年間ブラック)。

 

②CICの場合

全額払って解決させると、現在延滞中の情報を残したまま完了(グレー情報)になり5年後に高島屋クレジットの情報そのものが消えて無くなります(5年間グレー)。

時効援用の場合はすぐに消えるケースと払って解決をさせたときと同じように5年間グレーな情報が残るケースと2パターンあります。

 

つまり、時効で解決をさせた方がメリットはあってもデメリットはないということになります。

 

後は解決にかかる費用の問題ですが、仮に年利20%で5年延滞いたしますと、利息だけで100%、つまり元本の2倍に膨れ上がる計算になります。

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、追加費用無しの安心価格、時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します。

 

相談は無料ですので、時効援用のことで聞きたいことがあれば何でもお気軽にお問い合わせください。

高島屋クレジットへの時効援用のことならお任せください
072-424-3040 072-424-3040
7/12(日)早朝4:30~22:30
7/13(月)早朝4:30~22:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 7/12(日)早朝4:30~22:30
7/13(月)早朝4:30~22:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。