ウイングの時効援用
5年以上放置状態の借金は時効援用をすることで消滅します
時効の援用1案件24,000円(税抜)で解決します
相談無料

ウイングから催告書が送られて来たら

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所にこれまでに寄せらたウイングの時効援用のご相談全案件に共通するのが、債権譲渡(借金の売買)によって債権者がウイングに交代して請求をしてくるというご相談です。

 

長年放置してきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

5年以上放置状態の昔の借金であれば時効で解決できるかもしれません。

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、相談は無料、時効援用1案件24,000円で解決します。

ウイングから催告書が届いた方は、まずは時効援用ができるのか一度ご確認下さい。

借金の時効援用のことならお任せください

サンプル

そもそも時効援用とは?

消費者金融の借金には時効があります。

 

消費者金融の借り入れであれば、

①5年以上払っていない

②5年以上話をしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった

以上の条件が揃っていれば後は消滅時効の援用をすることで借金は消滅し、今後請求をされることも、裁判を起こされたり給料などの差押えのリスクも無くなります。

 

時効援用とは、時効期間経過による時効の利益(借金の消滅)を受ける意思表示の事をいいます。

 

逆に、時効期間経過後に時効の利益を受けない意思表示の事を時効の利益の放棄といいます。

時効の放棄をすると援用権を失います(時効期間経過前の時効放棄は無効です)。

 

あと、時効期間経過の前後を問わず、債権者(ウイング)の権利を認める行為を債務承認といいます。

債務承認をすると時効期間が振り出しに(ゼロに)戻って再び時効期間が進行します。

 

払うのか、時効援用をするのか、自己破産など法的整理をするのか、借金問題はいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

 

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、時効援用の可否を無料で診断いたしますので、現在ウイングが請求してくるようになった債権を時効援用での解決をお考えであれば、一度お気軽にお問い合わせください。

ウイングの時効援用のことならお任せください
072-424-3040 072-424-3040
7/12(日)早朝4:30~22:30
7/13(月)早朝4:30~22:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 7/12(日)早朝4:30~22:30
7/13(月)早朝4:30~22:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。