裁判所から支払督促が届いたら
時効援用1案件24,000円で解決します。
借金の時効援用専門 泉南行政書士事務所
北海道から沖縄まで全国対応、相談無料。

裁判所から支払督促が届いたら

簡易裁判所から支払督促が届いた場合、まず、裁判所からの特別送達は必ず受け取ってください。

裁判所からの書類を受け取ったことが不利益に扱われることはございませんのでご安心ください。

 

5年以上放置された借金であれば、まずは時効での解決をご検討ください。

ここで無視をしてしまったり、分割払いでの解決を希望してしまうと時効での解決が難しくなりますので、時効での解決ができない場合は分割払いという順番で進めていかないと、後からやり直しのできる事とできない事がありますのでご注意ください。

支払督促も時効援用1案件24,000円(税抜)で解決します

サンプル

借金には時効があります

借金には時効があります。

消費者金融やクレジットカードなどの借入であれば、

①5年以上払っていない

②5年以上話し合いをしていない

③10年以上裁判を起こされていなかった(仮執行宣言の出る前であれば大丈夫です)

以上の条件が揃っていれば、あとは時効の援用をすることで借金は消滅しますので、裁判所に出廷することも、給料などの差し押さえをされることも、今後請求されることも無くなります。

 

支払督促は、受け取った時から2週間無視してしまうと仮執行宣言が付されます。

仮執行宣言が付されてしまうと時効での解決が困難になりますので、簡易裁判所からの特別送達を受け取ったらすぐにご連絡ください(相談無料)。

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、借金の時効援用に専門特化した行政書士が直接対応いたしますので、時効援用の可否はもちろん、お客様一人ひとりの疑問にもその場でお答えすることが可能となっております。

 

安易に支払督促を無視したり、督促異議申立書で分割払いの希望をする前に時効援用で解決ができるのか一度ご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

時効援用ならお任せください
072-424-3040 072-424-3040
9/29(火)早朝4:30~22:30
9/30(水)早朝4:30~22:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159

平日の日中は忙しくて時間が取れない方もご相談ください

支払督促は、2週間何もしなければ仮執行宣言が付され、給料の差し押さえなどのリスクが生じるほか、一旦時効中断(時効ではなくなる)となりますので、時効援用での解決が困難になってしまいます。

この2週間というのは、長いようでも実際には非常に短い期間であります。

 

平日の日中は忙しくて時間が取れないお客様にもご利用いただけるよう、土曜日、日曜日、祝日も早朝4:30~22:30まで受付をしておりますので、支払督促を受け取ったらすぐにご連絡をいただきますようよろしくお願いいたします。

サンプル

ご家族の方を連絡窓口として手続きを進める方法もございます

時効の援用は『当事者』がする。と法律に定められています。

この『当事者』には本人の他、連帯保証人なども含まれますが、家族は含まれていません。

 

借金の時効援用に専門特化した泉南行政書士事務所では、ご本人様が忙しくて時間が作れない方の解決方法の1つとして、ご家族の方を連絡窓口として時効援用手続を進める方法も確立しております。

その場合、ご本人様にしていただくことは、

①本人確認、時効援用を依頼する意思の確認

②今後の連絡先はご家族の方で手続を進めることと、職務上知り得た事実については連絡窓口の方にお話してもよいという承諾

※①②は直接ご本人様にお電話で5分程度お時間をいただきます。

③署名捺印

これだけしていただければ、その後の手続きはご家族の方と行政書士で進めることが可能となっております。

 

支払督促案件はスピーディーかつ正確に進める必要がございます。

借金の時効援用に専門特化した事務所ならではの様々なケースを想定した事前準備を整えてお客様のご相談をお待ちしておりますので、お客様のご相談をいただいてから場当たり的な対応はございません。

支払督促の案件でも安心してお任せください。

支払督促を無視したら

支払督促を受け取ってから2週間無視すると、仮執行宣言が付されます。

この仮執行宣言には、給料などの仮差押えが可能になる他、時効期間を振り出しに戻す(ゼロに戻してカウントし直す)効力があるので、仮執行宣言が付された後で時効援用をしても、時効期間未了ということになってしまいます。

ですので、仮執行宣言が付された後の時効援用に関しては紛争性が生じますので、時効援用書面作成の専門家である行政書士の分野ではなく、紛争事件代理人の専門家である弁護士(140万円以下、簡易裁判所のみなら司法書士も可)の分野となってまいります。

この支払督促は訴訟と異なり、確定判決による既判力(きはんりょく)がないので、仮執行宣言を見直してもらえる余地はあります。

それでも時効での解決が困難になるリスクは確実に生じますので、5年以上払っていない借金であれば、支払督促を受け取ったときから2週間以内に書面で時効援用をする方が良いのは言うまでもありません。

 

1回目の支払督促を無視すると、2回目の支払督促(仮執行宣言付支払督促)が簡易裁判所から送られてきます。

こちらは仮執行宣言が付いてしまっているので、弁護士(司法書士)の専門分野となります。

督促異議申立書で分割払いの希望をしたら

督促異議申立書で分割払いの希望をしたら、支払督促は訴訟に移行します。

督促異議申立書で分割払いの希望をした後で時効援用をするのは、(分割で)払って解決をすることと時効援用は両立しない話なので紛争性が生じます。

 

ですので、解決方法を検討する順序としては、【時効援用】→【分割払い】の順番で検討をすることが重要となってまいります。

ですので、支払督促が届いたら、まずは時効援用で解決ができるのか、借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所の無料相談でご確認下さいませ。

その上で、時効援用ができない事情があれば分割払いを検討するのが大きな失敗がないので良いと思います。

 

督促異議申立書で分割払いの希望をしてしまった方は、書類作成の専門家である行政書士ではなく、紛争事件代理人の専門家である弁護士(司法書士)の専門分野となります。

 

督促異議申立書で分割払いの希望をしてしまった方のために、参考までではございますがお役に立てるかもしれないので、時効援用が認められた裁判事例を紹介しておきます。

※東京地方裁判所判決平成26年4月25日

債務者が、債権者から提起された債務の支払い請求の訴訟係属中に、訴訟外の和解交渉の中で債権者からの一括弁済の要請に対して分割で支払いたいという内容の言辞を含む発言を行ったとしても、これは和解の条件として一括弁済を拒絶する趣旨でなされた発言に過ぎず、和解交渉がまとまらない場合に債務者が本件債務の存否を争うことは債権者も容易に認識し得たものと推認できることから、当該発言をもって債務者が債務を承認したものと認めることはできない。

支払督促案件も追加費用無しの安心価格で解決します

ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 9/29(火)早朝4:30~22:30
9/30(水)早朝4:30~22:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

オリンポス債権回収の時効援用実績多数

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所で解決をした支払督促案件のこれまでの統計から申しますと、オリンポス債権回収が圧倒的多数(約84%)の1位となっております。

他にもエム・テー・ケー債権管理回収、グリーンアイランド、クレディア、パルティール債権回収、みずなら法律事務所...と挙げればきりがないのですが、借金の時効援用の現場では【支払督促といえばオリンポス債権回収】と頭に浮かぶほど他社を圧倒しております。

 

長年放置してきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

スピードと正確さが求められる支払督促案件だからこそ、借金の時効援用に専門特化した事務所ならではの事前準備を整えて皆様のご相談をお待ちしております。

その反対に、借金の時効援用に専門特化することにより、時効援用以外の業務の準備が不要ですのでコストを下げることもできておりますので、支払督促案件も追加費用無しの24,000円(税抜)で最後まで安心してお任せいただけます。

『何でもできる事は何にもできないのと同じこと』

借金の時効援用のみに専門特化した事務所ならではの強みがございます。

5年以上放置された借金で簡易裁判所から支払督促を受け取ったら、まずは泉南行政書士事務所までご連絡ください。

皆様のお役に立てればと思ってます。

よろしくお願いいたします。