特定調停後払えなくなった借金の時効援用
特定調停の後払えなくなった借金の時効期間は10年となります
相談無料、追加費用は無しの安心価格
時効援用1案件26,400円(税込)で解決します

特定調停後払えなくなった借金の請求が来ている方は要チェック

借金の返済が困難になったときに裁判所に仲裁をしてもらい、債権者と話し合って今後の返済を決める特定調停で一旦合意はしたけれど、その後また状況が変わり返済ができなくなった...。

このような特定調停で確定した借金の時効期間は10年となっております。

 

つまり、

①特定調停の合意確定から10年以上経過している

②10年以上払っていない

③10年以上債権者と話し合いをしていない

④10年以上差押えをされていない

⑤10年以上裁判を起こされていなかった

以上の条件が揃っていれば特定調停を経た借金の時効期間は満了となりますので、後は債権者に対して【時効援用】をすることで借金は時効消滅します。

 

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、相談無料、追加費用は無しの安心価格、時効援用1案件26,400円(税込)で解決します。

借金の時効援用に専門特化した行政書士事務所です

サンプル

最善の解決方法をご提案いたします

借金の時効援用専門の泉南行政書士事務所では、お客様一人ひとりのお話を借金の時効援用に専門特化した行政書士が直接うかがいますので、お客様一人ひとりの疑問にもその場でお答えできる他、お客様一人ひとりの情況やリクエストに合わせて最善の解決方法をご提案することも可能となっております。

 

消費者金融や信販会社の業界は、債権譲渡(借金の売買)、会社の倒産や合併なども多く、多重債務を抱えていた方などは、請求が来なくなった借金が現在どうなっているのか把握できなくなっていることもよくあることですが、信用情報(いわゆるブラックリスト)の開示サポートや開示結果の説明、アドバイスなど、現在請求が来ている借金を時効援用で解決をさせた後のアフターフォローも充実していますので是非ご利用くださいませ。

借金問題を解決させてローンが組めるようになりたい方もご相談ください

信用情報の説明、アドバイスも追加費用無し

借金問題は最終的な着地点が重要です

現在請求が来ている借金を時効援用で解決ができても、請求が来ていない別件を放置して結局自己破産をしてしまうのであれば、何のために時効援用をしたのかあまり意味がなくなってしまいます。

 

長年放置されてきた借金問題もいつかは解決をさせないといけないときが来ます。

信用情報を開示して、そちらもきれいにすることができればブラックリストから脱出することができます。

すぐに信用情報がきれいになるのか?すぐにきれいにならないのであればいつきれいになるのか?信用情報の開示結果を拝見させていただければ正確にお答えすることも可能です。

 

無料相談から時効援用書面作成はもちろん、時効援用後のアフターフォローまで借金の時効援用に専門特化した行政書士が一貫して行います。

 

まずは自分も時効援用ができるのかどうか?お気軽に電話またはメールにてお問い合わせください。

北海道から沖縄まで全国対応
072-424-3040 072-424-3040
8/6(金)早朝4:30~22:30
8/7(土)早朝4:30~22:30
大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
ACCESS

泉南行政書士事務所は北海道から沖縄までご依頼をいただいている時効援用専門の行政書士事務所です

泉南行政書士事務所はこれまで北海道から沖縄まで数多くのお客様の時効援用を全国対応で実現させてきた実績がありますので、借金の時効についてもっとよくお知りになりたい方は、ぜひご相談ください。
泉南行政書士事務所写真
事務所名 泉南行政書士事務所
住所 大阪府泉南郡田尻町吉見1012-159
電話番号 072-424-3040
営業時間 8/6(金)早朝4:30~22:30
8/7(土)早朝4:30~22:30
最寄駅 吉見ノ里駅より徒歩8分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事もご覧ください

借金の時効援用に専門特化した行政書士直伝の貴重な情報がたくさんあります。

一度ご覧になってお役立てくださいませ。